目次

フラヒのふろく > 青年海外協力隊東京OB会

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 青年海外協力隊東京OB会

応用生物 2009年納会

青年海外協力隊東京OB会の先輩に誘われて、株式会社応用生物の納会に参加しました。東京OB会の座談会以来、久しぶりに橘社長にご挨拶できました。

毎年恒例で知人に開放しているらしく、いろいろな方が参加していました。毎年恒例のお楽しみは美味しい料理とお酒だそうですが、中でも注目なのがお肉。鹿肉、熊肉、しし肉などが並び、においだけでも自分が野生化していきそうになりました。。。


久しぶりに先輩ともゆっくり話ができ、貴重なアドバイスをいただきました。肩の力を抜いて、土にふれながら、地に足をつけて暮らしていこうと改めて思いました。


三友盛行さんの牧場にもいつか行ってみたいと思いをはせつつ、まずは身近なところからゆっくり関わっていこうと思います。

2009年度 留守家族交流会

青年海外協力隊に派遣中の隊員の家族が集まる『留守家族交流会』に参加しました。年末の忙しい時期にもかかわらず、70人ほどのご家族の方々が参加していました。


始めにOBからのコメントとして、「帰国直後の隊員は、自分の中の価値観の変化にとまどい、少し足踏みをすることもありますが、温かく見守ってあげてください」と伝えました。少し話しすぎてしまいましたが、皆さん暖かく聞いてくださってほっとしました。


懇談の場では、かなり具体的な質問がご家族から飛び出し、帰国間もない隊員が丁寧に答えていました。また、スカイプを通じた通話や荷物の送付方法など、ご家族の方が詳しいことも多々あり、皆さん和気藹々と話をされていました。


これだけ連絡が取りやすい世の中になっても、やはり海外で暮らす家族を心配する気持ちは変わらないようです。実際に現地を訪問された方の話を聞くときは、特に真剣だったように思います。

帰国して、他の隊員の家族と接する中で、改めて自分を送り出してくれた家族に感謝の気持ちが湧いてきます。これを素直に伝えることはなかなか難しいのですが。。。


留守家族交流会の開始時間が遅くなったこともあり、関東教育支援ネットワークの会合には間に合わなかったのですが、忘年会にだけちゃっかり参加しました。参加メンバーも少しずつ気心が知れてきて、これからの活動が楽しみです!

平成20年度3次隊 壮行会

青年海外協力隊東京OB会の新隊員壮行会に参加しました。今回は、がらりと雰囲気を変えて、日暮里にあるイラン・トルコ・ウズベキスタン料理の超有名店『ZAKURO(ざくろ)』で行いました。

当初は小部屋を貸切で使う予定が、大部屋に放り込まれ、店長の明るいコメントが飛び交う中、かろうじて自己紹介だけは行いましたが、あとは店の雰囲気に飲み込まれ。。。


毎日行われるベリーダンスショーでは、つわものの皆さんがダンスを披露。特に、歌って踊れるFさんのダンスは圧巻でした!

一応コースながら、食べ放題に近い料理はどれも美味しく、値段もとてもお手頃で、人気の秘密が分かったような気がします。


今回もたくさんの新隊員・帰国隊員が参加してくれました。その内の1人は、親友の義理のお姉さん。訓練所の思い出話を、自分の頃を思い出しながら楽しく聞けました。

自分はこれで一段落ですが、機会を見つけてぜひまた参加しようと思います。

ページ移動