目次

フラヒのふろく > 本

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 本

たった一人の30年戦争

著者: 小野田 寛郎


すごい本に出会うと、単純にわくわくします。通勤の電車が待ち遠しくなるだけでなく、生活全体にはりがでてくる気がします。この本も、そんな一冊です。


青年海外協力隊の歴史をふり返る中で出会った、故末次一郎氏。彼が戦後の日本に与えた影響の大きさと、その超人ぶりに触れる中で、どうして末次さんはこんなに自律できたのか、献身できたのかと、不思議な気持ちがし、また生前に会ってみたかったという想いが募ってきました。


そんな中、青年海外協力隊の先輩に教えていただいた、小野田寛郎さんのこと。戦後30年間、終戦を知らされず、また信じずに、フィリピン・ルバング島の密林の中で戦い続けたことはよく知られていますが、彼が末次一郎さんと、陸軍中野学校の同期生であり、親友でもあることを聞き、とても関心を持ちました。

縁あって、小野田さんの講演会を開催できることになり、不勉強な自分がまず手に取った一冊が、この本です。


戦後30年、ある人はその悲惨さや後ろめたさから、またある人は全てが変わっていく絶望感から、戦争の記憶を消そうとしていた頃、突然日本に生還した”最後の帰還兵”小野田寛郎さんの登場は、多くの日本人に衝撃を与えたようです。

自分と戦争との距離感や価値観により、小野田さんの存在はさまざまに評価され、身勝手な誹謗中傷や礼賛に苦労されたようですが、そういった他己評価ではなく、小野田さん自身の声であることが、そのままこの本の価値だと思います。


末次一郎さんと小野田寛郎さん。時期や場所は違っても、それぞれの戦後の社会で活躍してきた彼らのまっすぐさは、著書を読む限り、陸軍中野学校での戦中特殊教育ではなく、戦争で自分や友の死と強烈に向き合ったこと、そして戦後もそこから目をそらさずに、死んだ友に恥じない生き方を実践してきたことから来ているように思います。

自分を曲げ、時にはそれを他人のせいにしながら生きている自分にとって、彼らの生き様そのものが強烈なメッセージです。


戦争は終わりました。でも、身の回りには、ありとあらゆる問題(=自分にとって都合の悪いこと)があふれています。その1つ1つを、まずは認め(見止め)、受け入れ、考え、対話し、納得(解決)していかなくてはなりません。

さまざまな問題を、けんかや裁判や戦争に頼らずに、解決すること。それが自分達の世代に課せられた挑戦なのだと思います。


小野田自然塾を主宰し、子ども達への冒険教育を最後のライフワークとする小野田さんのご長命をお祈りしています。

星守る犬

著者: 村上 たかし


読み始めてすぐ、何とも言えない複雑な気持ちになりました。「おとうさん」が、自分の父にそっくりに思えてきて…。


ちょっとぶっきらぼうで、自分の感情を表に出すのが苦手。仕事に一生懸命で、子どもの教育には無頓着。飼い犬の散歩は欠かさず、犬の前ではちょっとだけ饒舌になる。

見た目も雰囲気も、父を見ているようで、それでいてどこにでも居そうな「おとうさん」と「犬」の、1ページ目に書かれた生の結末を、追いかける気持ちで、ちょっと重たい気分で読み進めました。


家族とのほんのちょっとの「ずれ」が、少しずつ大きくなっていき、やがて全てを失って、―南へ―、新たな旅を始めたおとうさんと犬。いろいろな偶然が重なり、最期の地を決めるまでの限られた時間を大切に過ごす彼らの姿が、胸に突き刺さってきました。


本の帯に書かれているような”せつなくて、うれしい涙”など一滴も出ません。ただじんわりと苦しくて、何かを突きつけられるような。

痛みをこらえながら、何かをごまかして生きている日々をふり返り、やっぱりやることがある、と思うことで少しだけ気持ちが楽になったような気がします。著者のあとがきにも、勇気をもらいました。

(著者あとがき抜粋 ここから)
...自分で書いてて何ですが、作中の「お父さん」はこんな結末を迎えなくちゃならないほど悪人じゃありません。...昔なら、いたって平均的ないいお父さんです。しかし、今ではそれが十分「普通の生活」を失う理由になり得るようで、本当につまらないことになってきたなあと思うのです。

ちやほやしろとは言いませんが、普通にまじめに生きている人が、理不尽に苦しい立場に追いやられていくような、そんな世の中だけは、勘弁してほしい。...
(著者あとがき抜粋 ここまで)


まずは自分の父に。まじめで不器用な父と、ゆっくりじっくり話し、関係をより良いものにしていきたいと、ふまじめで要領の良い自分は、切に思います。


そして世の中のおとうさん達に。ホームレス反貧困の現場で見て考える様々なことを、継続して発信していきたいと考えています。

星守る犬の1人として。

学校に行きたくない日に読む本 を読む

学校に行きたくない日に読む本を読みました。教科書や児童書から集められた14編。長くても10数ページの作品は、それぞれにとてもユーモラスで、全部読んでも1時間で読み終わります。読んでいると、心が解きほぐされていくような気持ちになりました。


学校を卒業して、会社やいろんな団体に顔を出すようになっても、「行きたい日」もあれば「行きたくない日」もあります。「行きたくない日」には、この本でもゆっくり読んで、心と体を休めてみるのはいかがでしょう。

「行きたくない日などない」という幸せで鈍感(?)な人は、行きたくない人の気持ちを想像しながら読んでみるのも良いかもしれません。


特に心に響いた1篇は、『学級日記』(著:泉啓子)です。1人ぼっちにしておかず、そのくせ誰かを排除する、教室という空間。正論や親切の押し売りだらけの、居心地の悪い学級の中で、主人公の彼女の素朴な疑問・想いが一際鮮やかでした。


おすすめの1冊です。

ページ移動