目次

フラヒのふろく > 家族

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 家族

家族来訪

3連休に、ばあちゃんと母さんが実家から訪ねてきてくれました。ばあちゃんは今年で87歳。前回帰省した時より元気になっていて嬉しかったです。

大あさりを食べ、豊川稲荷でお参りし、竹島のホテルに泊まり、ゆっくりいろんな話をしました。こんなにたくさん話したのはいつぶりだろう。

これからも知らなければならないことや考えなければならないことがたくさんあるけれど、まずは元気でいてくれることに感謝です。次は早めに帰省しよう。

間違い電話

実家のばあちゃんから電話。家の電話番号を変えたらしい。

ここ最近、「○○郵便局ですか?」という間違い電話があまりにも多く、変えざるを得なかったとのこと。


それって、大迷惑だよなぁ。
間違い電話をかけてしまった人も、悪意があるわけじゃなく。
とはいえ、受ける方はたまらない。


きっと全国には、この瞬間にも、間違い電話に困っている人がいるんだろう。
でも、自分と社会をつなぐ電話番号って、できれば変えたくない。


生まれた時からの、実家の電話番号。
自分の記憶に刻み込まれたその番号が、突然無くなってしまった。

なんかちょっと、悲しかったです。

久しぶりに家族でカラオケ

久しぶりに、カラオケに行きました。
いつも、駅までの道の途中にあって、気になっていた場所へ。

何気なく入ったけれど、曲数の多さに嬉しくなりました。
今まで少なかった、斉藤和義の曲が結構ある!!それともメジャーになっただけかな?

ようやくテーマソングを歌うことができて、満足◎

帰宅後は、ひそかに取り寄せていた日本酒で、母の日(前夜祭)の乾杯。袋吊りの珍しいお酒は絶品でした。

ページ移動