目次

フラヒのふろく > 九州アジア大学

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 九州アジア大学

一本の糸 ポスターから始まったドミノ人生

来月から忙しくなりそうなので、今のうちにと、勉強の合間に引越の報告メールを送っています。

小学校の後輩から去年出会った人まで、最近ではメールでのやり取りが中心の人も含めて、近況が聞けてとても嬉しいです。

※ご無沙汰している方、ぜひ近況を教えてくださいね!
 → http://appendix.furahi.com/mail/


人生って、「1つのことが起こったから次のことが起こる」「1つの選択肢を選んだから次の選択肢が現れる」ことの連続だと思うのです。

数学の「確率」で言えば(15年ぶりに勉強してます)、確率が重なっていく場合、その確率は掛け算の積になるので、これまでの自分のすべての選択によって「今の自分」がある確率って、ものすごく低いのかな、と思ったり。

一方で、今の自分は今の自分でしかない、と考えれば、確率は1(=100%)とも考えられるけれど。


今、自分がここ・東三河にいるのも、いろんな選択の結果です。

1つ1つをたどっていくと、結局は「生まれた」という所までたどり着くんだけれど、自分の意思を思い出せる範囲で振り返ってみた時に、学生時代に出会った1枚のポスターが「あるきっかけ」になったと考えることもできて、その考え方が結構好きだったりもします。


12年前。そのポスターは、A2サイズくらいの大きさで、学内の掲示板にさりげなく貼られていました。

フラヒのふろく 310-1.jpg

草原にすっと立つ、赤いドレスを着た1人の女性。「春昼」という2文字。なぜか気になって近づいてみると、演劇の案内であることが分かりました。その隅に控えめに書いていた「公開練習」の4文字。劇団「パパ=タラフマラ」との出会いです。
 http://www.pappa-tara.com/

その後入団したわけではありません。ただ、その後参加した演劇ワークショップやプロの劇団員の方々との出会いが、確実に自分の人生観を広げたことは間違いありません。

そしてそれが、直後から始まった就職活動の結果、紆余曲折を経て、「青年海外協力隊」という選択に結び付いていったように感じています。


青年海外協力隊で受けた影響はとても大きいものです。帰国後は、アフリカだけでなく、日本やアジアのことも気にかかるようになりました。

そんな中で、協力隊の先輩に勧められ、「九州アジア大学」に参加。日本で最もアジア寄りにある九州で、アジアの青年たちと、アジアのことを話し合う。とても刺激的な勉強会でした。

翌年、九州アジア大学の同窓会で、「青年の船」の話を初めて耳にします。帰宅後、さっそくホームページを確認。締め切りまで1か月を切っていましたが、無事に参加することができました。


下船後、青年海外協力隊の募集説明会で会った人に誘われ、東京へ。そのタイミングで、東南アジア青年の船の先輩から、「地球市民アカデミア」という市民講座の案内をもらい、参加します。

そして、地球市民アカデミアでの出会いがきっかけとなり、今のタイミングで、東三河への転居を決断しました。


パパ=タラフマラ ⇒ 青年海外協力隊 ⇒ 九州アジア大学 ⇒ 東南アジア青年の船 ⇒ 地球市民アカデミア ⇒ 東三河

これだけのドミノが重なって今があるんだと思うと、とても不思議な気持ちになります。1つ抜けていても、ここにはいないんだなぁ。


もちろん実際は、家族、今までの仕事、プロフィールに書いた活動やそこで出会った人、またそこには書いていない活動や人、読んだ本など、それぞれからのいろんな影響があって、今があるんだと思います。

そういった、出会いを大切にする気持ちや、そこから広がる無限の世界のことを、これから出会う子どもたちと共有していけたら良いな。

九州アジア大学

フラヒのふろく 366-1.jpg

青年海外協力隊の帰国から1年経った2003年の夏。

地元で国際交流の機会を探しているときに、大分県青年海外協力協会のメーリングリストで、『第7回九州アジア大学』の情報に出合いました。

九州8県+山口県の計9県から、日本人5人とアジアからの留学生5人の10人ずつ、計90人が集い、4泊5日の合宿を行いながら、ディスカッションや文化交流をする企画です。

これはぜひ応募したいと思い、職場にかけ合って、お盆休みを少しずらしてもらいました。


その年は鹿児島県での開催。九州の各県間はあまりアクセスが良くなく、その翌年に開通するはずの九州新幹線の看板を横目に、会場となる鹿児島サンロイヤルホテル(鹿児島市)へ向かいました。


テーマは「共に創るアジアの未来」(だったかな…)。基調講演や観光も有意義でしたが、分科会に分かれてのディスカッションが一番心に残りました。


自分は第7分科会「globalismとlocalismの間で農業問題を考える~Slow Food運動はアジアに根付くか~」に参加しました。日本でも注目されてきている『スローフード』について、日本・アジアとしてどんな可能性があるかをみんなで考えたかったからです。


概念の共有に始まり、小グループに分かれて個人の意見を交換したあと、今後の方向性について話し合いました。


『九州アジア大学』での出会いを経て、ますますアジアに関心を持つようになりました。

事業自体は2005年をもって終了してしまい、とても残念ですが、出会いを出会いだけで終わらせず、自分の中で深めていきたいと思っています。

フラヒのふろく 366-2.jpg

ページ移動