目次

フラヒのふろく > 2010年06月

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 2010年06月

一本の糸 ポスターから始まったドミノ人生

来月から忙しくなりそうなので、今のうちにと、勉強の合間に引越の報告メールを送っています。

小学校の後輩から去年出会った人まで、最近ではメールでのやり取りが中心の人も含めて、近況が聞けてとても嬉しいです。

※ご無沙汰している方、ぜひ近況を教えてくださいね!
 → http://appendix.furahi.com/mail/


人生って、「1つのことが起こったから次のことが起こる」「1つの選択肢を選んだから次の選択肢が現れる」ことの連続だと思うのです。

数学の「確率」で言えば(15年ぶりに勉強してます)、確率が重なっていく場合、その確率は掛け算の積になるので、これまでの自分のすべての選択によって「今の自分」がある確率って、ものすごく低いのかな、と思ったり。

一方で、今の自分は今の自分でしかない、と考えれば、確率は1(=100%)とも考えられるけれど。


今、自分がここ・東三河にいるのも、いろんな選択の結果です。

1つ1つをたどっていくと、結局は「生まれた」という所までたどり着くんだけれど、自分の意思を思い出せる範囲で振り返ってみた時に、学生時代に出会った1枚のポスターが「あるきっかけ」になったと考えることもできて、その考え方が結構好きだったりもします。


12年前。そのポスターは、A2サイズくらいの大きさで、学内の掲示板にさりげなく貼られていました。

フラヒのふろく 310-1.jpg

草原にすっと立つ、赤いドレスを着た1人の女性。「春昼」という2文字。なぜか気になって近づいてみると、演劇の案内であることが分かりました。その隅に控えめに書いていた「公開練習」の4文字。劇団「パパ=タラフマラ」との出会いです。
 http://www.pappa-tara.com/

その後入団したわけではありません。ただ、その後参加した演劇ワークショップやプロの劇団員の方々との出会いが、確実に自分の人生観を広げたことは間違いありません。

そしてそれが、直後から始まった就職活動の結果、紆余曲折を経て、「青年海外協力隊」という選択に結び付いていったように感じています。


青年海外協力隊で受けた影響はとても大きいものです。帰国後は、アフリカだけでなく、日本やアジアのことも気にかかるようになりました。

そんな中で、協力隊の先輩に勧められ、「九州アジア大学」に参加。日本で最もアジア寄りにある九州で、アジアの青年たちと、アジアのことを話し合う。とても刺激的な勉強会でした。

翌年、九州アジア大学の同窓会で、「青年の船」の話を初めて耳にします。帰宅後、さっそくホームページを確認。締め切りまで1か月を切っていましたが、無事に参加することができました。


下船後、青年海外協力隊の募集説明会で会った人に誘われ、東京へ。そのタイミングで、東南アジア青年の船の先輩から、「地球市民アカデミア」という市民講座の案内をもらい、参加します。

そして、地球市民アカデミアでの出会いがきっかけとなり、今のタイミングで、東三河への転居を決断しました。


パパ=タラフマラ ⇒ 青年海外協力隊 ⇒ 九州アジア大学 ⇒ 東南アジア青年の船 ⇒ 地球市民アカデミア ⇒ 東三河

これだけのドミノが重なって今があるんだと思うと、とても不思議な気持ちになります。1つ抜けていても、ここにはいないんだなぁ。


もちろん実際は、家族、今までの仕事、プロフィールに書いた活動やそこで出会った人、またそこには書いていない活動や人、読んだ本など、それぞれからのいろんな影響があって、今があるんだと思います。

そういった、出会いを大切にする気持ちや、そこから広がる無限の世界のことを、これから出会う子どもたちと共有していけたら良いな。

タグ:パパ=タラフマラ 青年海外協力隊 九州アジア大学 東南アジア青年の船 地球市民アカデミア

コメント一覧

未承認 (2016/10/22) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

マイカー 納車しました!

来月から行動範囲が広がるのに合わせ、数日前よりばたばたと車屋さんを回っていました。

たまたま、状態の良さそうな車が予算の範囲内で見つかったため、購入を決断。

今日、車の引き渡しを受けてきました。


うん、とても快適です。荷物もたっぷり載りそうです(載せないけど)。

山の方にも少し足を延ばしてみようかな。中距離旅行や街めぐりも楽しみです。

タグ:街歩き

マザーテレサの生涯

最近、マザーテレサに縁があります。

相方の勤務先がキリスト教系の学校ということもあり、いろんな催しについて行ってます。


今日は、神戸から神父さんをお招きして、講話がありました。この方は、マザーが亡くなる少し前に、実際にマザーとお会いし、カルカッタで1年ほどボランティアをなさっていたそうです。

お話の中で特に印象に残ったことは、2つ。

マザーテレサは、もちろん実践を生きた方ですが、生涯の後半部分は教師として、修道女の育成に力を注いだこと。

そして、マザーテレサが50年以上もの間、心の中に抱えていた闇のこと。


自分の浅い知識では、まだ説明ができませんが、より深く知る機会を持ててとても良かったです。

何より彼女の、人種・信条(宗教)・性別などを区別しない接し方に、とても感銘を受けました。


古代中国の思想やヨーロッパの哲学など、何千年も前から人々が考え続けていることは、今触れてもとても魅力的です。

それをどう「実践」していくか。

マザーテレサやガンジーの生き方に圧倒されつつ、少しのことでも腹を立ててしまう自分を振り返り、意気消沈。


まずは1日のうちに少しずつでも心静かに過ごす時間を大切にしようと思います。

タグ:祈り 講座

コメント一覧

未承認 (2016/10/22) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

名古屋まで1時間

愛知県といえば、名古屋。

引越先を何度伝えても、「名古屋に行くんだね~」と言われることが何度もありました。


実際に行ってみると、やはり便利な街です。規模もちょうど良いし、街がきれいな気がします。

ただ、片道1時間以上かかるため、予定を済ませてとんぼ返りすることが多いのですが。。。


これからも、情報を得るために、そして「人」と出会うために、何度も行くことになりそうです。

タグ:街歩き

京都嵐山クラブ(京都観光ポータルサイト)

京都。

昔から心惹かれる街です。


そこでフリーライターをしている友人から連絡がありました。

以前遊びに行った時も、京都のいろいろなところを案内してくれて、とても楽しかった!

ナイトウォークやオーガニックカフェ。

自転車でいろいろと回れるのも京都の魅力の1つかも。


最近は、京都の観光ポータルサイトにも関わっているそうです。


京都嵐山クラブ
 http://kyotoarashiyama.jp/

コンテンツが盛りだくさんですが、「前略、京都より」と「洛陽三十三所観音巡礼」のコーナーがおすすめです。


自分も、いつか住む街を案内できるようになりたいです。

タグ:街歩き

にんじんりんごジュース

ジューサーが届き、毎朝の「にんじんりんごジュース」生活を始めることにしました。

長年の花粉症が少しでも改善するかな。

そもそも、ジュース生活が継続するかどうか。。。


お試し用のジューサーなので、絞りかすが結構出ます。

特にりんごに弱いらしい。

朝の限られた時間にこの絞りかすをうまく使えないかと試行錯誤中。


そのままハンバーグ状にしてフライパンで焼く「おやき」にしてみたら、なかなかいける。

卵・パン粉・塩を混ぜたら、もっと美味しくなりました。

これなら空腹対策にもなるかな?

タグ:体質改善 料理

コメント一覧

Aqua Eメール (2010/06/25) 編集・削除

いいですね~。そのアクション。ジュースも搾りかすの活用も。心も体も毎日元気になれそう!

今日、私も今後の生活で野菜・果物ジュースを取り入れたいと思ってたところです。そこにこのタイトルを発見…わ~い、シンクロ♪

coach (2010/06/26) 編集・削除

インターネットで検索してみると、たくさんの人が実践しているようで、自分も続けてみようと思ってます!

ジュースそのものの効果は、ジューサーや素材にもよると思いますが、早寝早起きが定着してきたことと、自分の身体に関心を持てるようになったことが嬉しいです。

10000人の吹奏楽コンサート

初めて、名古屋ドームに行きました。

愛知県吹奏楽連盟の創立50周年記念演奏会。

中高生を中心として、6000人がドームで一斉に行ったオープニング演奏。すごかった!

フラヒのふろく 31-1.jpg


その後、約4時間近く、各地区からの参加者による演奏が続きました。

ドームの簡易イスにちょっとお尻は痛くなったけど、いろんな形のパフォーマンスは全然見飽きませんでした。


エンディングには、観客も交えて(15000人くらい?)合唱&合奏。とても良かったです。

年末に行われている第九のコンサートとかも、こういう雰囲気なのかな?と思ったり。


もっと音楽に触れていきたいと思います。

タグ:音楽 舞台

No Barrier (ノーバリア)

友人なっちゃんのバンド「Chuliplity」(チューリップリティ)。

結成13年目にして、1stミニアルバム「No Barrier」(ノーバリア)を発売しました。

継続は、ちから。


Chuliplity
 http://www.chuliplity.com/

タグ:音楽 地球市民アカデミア

子ども手当て への疑問

保育園の園長をしている母といろんな話をします。

支給が始まった「子ども手当て」についても、少し複雑な思いがあるようです。


まず、「子ども手当て」の支給と引き換えに、各種の補助金がカットされてきていること。

保育園の通園に充てられていた、国と市町村からの補助金が減額されているそうです。

これでは、「子ども手当て」の政策が終わってしまった後には、高くなった育児費だけが残ることにもなりかねません。


次に、「子ども手当て」が必ずしも子どものために使われる保証がないこと。

保育園には、やむをえない事情で子どもを預ける親がいるのはもちろんですが、半ば育児放棄のような状態で子どもを預ける親も少なくないそうです。

これまでの育児手当を拡充し、保育園などへの補助金を充実させる方が子どものためになりそうなものですが。


使途を子どもに限定しないのであれば、「子ども手当て」は「地域振興券」や「定額給付金」と違いがありません。

「地域振興券」や「定額給付金」は景気対策でしたが、本当に効果があったのか疑問です。

一方で、複雑な算定額の決定や告知など、手続きにかかる膨大な経費もすべて税金。


行政はあまり余計なことをせず、必要最低限のことを丁寧に行っていけば良いのでは。

子ども手当て、少し心配です。

タグ:政策 金融危機

食べ合わせ 炭水化物とたんぱく質

最近、少し体調を崩してしまい。

ちょっと本気で、「体質改善」をしようと思いました。

今の暮らしは少し特殊で、ある意味とても規則正しいので、この機会にできることをやってみようと思っています。


自己分析してみるに、どうも「腸」の改善が最重要。

そんなに特別なことをしても長続きしないので、気軽に、低コストでできることを探しました。

その結果、毎朝の「にんじんりんごジュース」が良さそうだったので、取り組んでみようと思います。

さっそくインターネットでジューサーを注文。

洗うのが大変そうだったので、なるべくシンプルな構造のものにしました。

夏以降に備えて、今から体質改善を目指します。


それにしても、たくさんの人が朝のジュースに取り組んでいることにびっくり。

「食べ合わせ」のまめ知識も出ていて、興味深いです。

「穀類(炭水化物)」を消化するために、胃は酵素を使って胃の中をアルカリ性にしようとするそうです。

一方、「肉・魚・豆(たんぱく質)」を消化するために、胃は酵素を使って胃の中を酸性にしようとするそうです。

??

その結果、両方を一緒に食べると、胃の中で中和が起こってしまい、消化にたくさんのエネルギーが必要になってしまうそうです。

それが、「食べた後で眠くなる」原因の一つだとか。

うーん、聞いたことなかったな~。。。


いずれにせよ、果物と生野菜は消化が良いらしく、ジューサーでいろんな組み合わせのジュースを作って楽しみながら、腸の改善を目指そうと思います。

タグ:体質改善

↑ページトップへ