目次

フラヒのふろく > 2009年08月

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 2009年08月

星守る犬

著者: 村上 たかし


読み始めてすぐ、何とも言えない複雑な気持ちになりました。「おとうさん」が、自分の父にそっくりに思えてきて…。


ちょっとぶっきらぼうで、自分の感情を表に出すのが苦手。仕事に一生懸命で、子どもの教育には無頓着。飼い犬の散歩は欠かさず、犬の前ではちょっとだけ饒舌になる。

見た目も雰囲気も、父を見ているようで、それでいてどこにでも居そうな「おとうさん」と「犬」の、1ページ目に書かれた生の結末を、追いかける気持ちで、ちょっと重たい気分で読み進めました。


家族とのほんのちょっとの「ずれ」が、少しずつ大きくなっていき、やがて全てを失って、―南へ―、新たな旅を始めたおとうさんと犬。いろいろな偶然が重なり、最期の地を決めるまでの限られた時間を大切に過ごす彼らの姿が、胸に突き刺さってきました。


本の帯に書かれているような”せつなくて、うれしい涙”など一滴も出ません。ただじんわりと苦しくて、何かを突きつけられるような。

痛みをこらえながら、何かをごまかして生きている日々をふり返り、やっぱりやることがある、と思うことで少しだけ気持ちが楽になったような気がします。著者のあとがきにも、勇気をもらいました。

(著者あとがき抜粋 ここから)
...自分で書いてて何ですが、作中の「お父さん」はこんな結末を迎えなくちゃならないほど悪人じゃありません。...昔なら、いたって平均的ないいお父さんです。しかし、今ではそれが十分「普通の生活」を失う理由になり得るようで、本当につまらないことになってきたなあと思うのです。

ちやほやしろとは言いませんが、普通にまじめに生きている人が、理不尽に苦しい立場に追いやられていくような、そんな世の中だけは、勘弁してほしい。...
(著者あとがき抜粋 ここまで)


まずは自分の父に。まじめで不器用な父と、ゆっくりじっくり話し、関係をより良いものにしていきたいと、ふまじめで要領の良い自分は、切に思います。


そして世の中のおとうさん達に。ホームレス反貧困の現場で見て考える様々なことを、継続して発信していきたいと考えています。

星守る犬の1人として。

タグ: 反貧困

夫婦で世界一周自転車旅行

社会福祉研究会の友人と数年ぶりに再会しました。学生時代の話も懐かしく、同期や先輩・後輩の近況を交換したり、言語聴覚士の話などとても興味深く聞けました。


たまたま自転車旅行の話になり、友人の友達が夫婦で世界一周自転車旅行中と知り、とても驚きました。夫婦で、自転車で世界一周。すごいなぁ。思わず、東南アジア青年の船の我らがリーダーで、世界一周自転車旅行の経験者でもある坂本達さんの話をしました。


自宅に戻り、友人に教えてもらったお2人のサイトを検索。ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅という、かわいらしいデザインの素敵なサイトでした。きれいな写真や役に立つ現地レポートを読んでいると、リンク先に坂本達さんの名前を発見。また、お2人の友人が青年海外協力隊でケニアに赴任中など、思わぬつながりに嬉しくなりました。


2008年10月から4年半の計画とのこと。まずはお体を大切に、無事に帰国されますように!


→ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅
 http://yokoandhiro.com/

タグ:社会福祉研究会 日本縦断自転車旅行

第3回関東教育支援ネットワーク

関東教育支援ネットワークに参加しました。今日は2部構成で、前半は「海外体験を伝える」、後半は「貿易ゲーム体験」でした。


まずは吉岡さんの模擬授業。協力隊体験を伝える際の要素として、現地語の挨拶、現地の写真、現地クイズ、国紹介(地理、人口、産業、宗教など)、もの・雑貨紹介(布、楽器、国旗、紙幣など)、活動紹介(授業、実験、課外活動、スポーツなど)、エピソード紹介(握手、食事、トイレ、交通、病気など)等、たくさんの要素が詰まった楽しい授業でした。

また参加者の意見交換では、援助の現実をどう認識し伝えるか、日本人としてするべきこと、他国のボランティア状況、帰国後の活動、フェアトレードなど、多様な意見が出ました。

国際理解教育に携わったり、出前講座を体験している参加者も多く、その中で「伝えたかったこと」「伝わったこと」「印象に残ったこと」などをまとめるのも意味がありそうだと感じました。


後半は、今年末から青年海外協力隊員としてタンザニアに赴任する服部さんによるファシリテーションで、開発教育協会(DEAR)の作成した『貿易ゲーム』を体験しました。

4チームに分かれて、1時間ほど純粋にゲームを楽しみ、後半のふり返りでは、感想や気付いたこと、実際に学校で実施する際の注意点などを話し合いました。


9月には実際に参加者の小学校で貿易ゲームを行うことになっており、関東教育支援ネットワークの活動も少しずつ広がっています。次回、当日のフィードバックを聞けるのを楽しみにしています。

タグ:関東教育支援ネットワーク 開発教育

クリスタル・シップ(New Generation Attack)

N.G.A.(New Generation Attack)の第3回夏公演『クリスタル・シップ』を見ました。知人が出演するということで、気軽に見に行ったのですが、十分広い舞台と2時間という公演時間に驚きました。


公演が始まり、小さい子どもたちが出てきて、ちょっとそわそわしていたのは最初の5分くらいです。とても心に響くストーリーと、出演者の自然な演技、きっちりとメリハリのある演出に、すぐに引き込まれました。


特に印象に残ったのは、出演者1人1人の個性が引き立っているのに、ストーリーの中にうまく納まっていること。ストーリーそのもののメッセージにも、強く共感しました。「子どもだから」という甘えや媚のない、表現教育という大義名分もいらない、素敵な舞台でした。


そして改めて、「対等であること」の大切さに気付いた公演でした。自分の中の既成概念や価値観を見つめなおし、まずは認めて(見止めて)、流されず、抗わず、対等でありたいと思っています。

タグ:舞台

地域おこし協力隊(総務省)と田舎で働き隊(農林水産省)への疑問

今年度(平成21年度)より、『国内版協力隊』ともいうべき事業が、総務省と農林水産省という別々の機関によって立ち上がりました。それぞれ、『地域おこし協力隊』(総務省)と、『田舎で働き隊』(農林水産省)です。

これからの時代に必要な事業として注視していきたいと思いますが、素朴な疑問が2つ。


1つ目は、そもそもほとんど同一の両事業を、あえて同時期に別組織として立ち上げたこと。どちらのサイトを見ても、設立の経緯などの情報がなく、どのような構想や議論を経て立ち上がった事業かが分かりません。

両者の違いは、地域おこし協力隊(総務省)が地方自治体と連携し、実際に農村で働く人を支援するのに対し、田舎で働き隊(農林水産省)では NPOや大学等と連携し、実際に働く人への研修などを行う団体に支援する、ということのようです。

ただ、同じ目的に対し、両組織がどこまで連携を取れるのかは未知数です。事業を別組織で行う必要はあるのでしょうか。


2つ目は予算と実施主体。全体の予算規模が見当たらず、分かり次第更新したいと思いますが、地域おこし協力隊(総務省)では、隊員1人当たり350万円(年額)、田舎で働き隊(農林水産省)では、研修手当として14万円(月額)を予定しているようです。

この金額が適当かどうかは、隊員や実施団体の判断にもよりますが、安心して活動を行える額であれば良いと思います。ただ、この両事業を新たに立ち上げることに伴う経費は、どのくらいになるのでしょう。なぜ、既存の団体を活かさず、総務省と農林水産省は、独自に事業を立ち上げたのでしょうか。


先日、42年間も日本のボランティア活動を下支えしてきた日本青年奉仕協会(JYVA)が、資金難により解散したばかり。同団体は、上記の2事業と同様の『青年長期ボランティア計画(ボランティア365)』を1979年から行い、30年間で1300人以上が参加しています。この事業も、日本青年奉仕協会(JYVA)の解散に伴い、今年度で終わるようです。


また、1994年より国内での長期ボランティア事業『緑のふるさと協力隊』を行ってきた(特活)地球緑化センターという NPO法人もあります。これらの団体が長年培ってきたノウハウを、地域おこし協力隊や田舎で働き隊へぜひ活かして欲しいと願っています。同時に、対象は違えど、青年海外協力隊とも連携し、共有できるノウハウを貯めていくべきだと考えます。

タグ:地域おこし

大学院生の就活

地球市民アカデミアの運営仲間と夕食を食べました。友人は大学院1年生。大学院は2年間あるものの、修士論文を考えると、1年目でほとんどの単位を取らなければならないそうで、修論のテーマ決めと合わせて、本当に大変そうでした。


文系の大学院生にとって、2年間しっかりと勉強・研究を行えない原因の1つは、就活にあるようです。友人も、授業と修士論文のテーマ決め、その合間をぬってアルバイトやインターンシップをしていますが、秋からは就職活動も始めるとのこと。


特に「研究」を重視する大学院生にとって、限られた2年間の内、場合によっては半年以上を就活に割かなければならないのは、かなり大変なことだと思います。意味のある研究をするために、大学院生が努力をしなければならないのはもちろんですが、専門的な研究を集中して行える環境を作ることも必要だと思います。


特に日本では、技術以外の分野での研究があまり重視されていないように感じますが、政治・経済・外交など、技術と同様に大切な分野はいくらでもあります。就活も、上手に使えれば本当に良い経験になると思いますが、学びたい大学院生がより学びやすい環境を、政府や大学、企業が連携して作っていく必要があると感じました。

タグ:就職活動

グローバルフェスタ 出展説明会

今年も青年海外協力隊東京OB会では、10/3(土)・4(日)のグローバルフェスタJAPAN2009に出展します。今日は出展者説明会に参加しました。


年々参加団体が増え、今年もスペースはテント半分になりました。いろんな団体と出会える良い機会なので、団体数が増えることは歓迎ですが、日比谷公園の大きさが限界に来ているのかもしれません。


飲食物の出展基準が厳しすぎること、ごみ持ち帰りが本当に環境負荷を減らしているのか、テーマの設定がどの程度来場者に伝わっているかなど、いくつか疑問もあります。グローバルフェスタの運営委員会に出展団体が参加できる機会などもぜひ設けてほしいです。


青年海外協力隊東京OB会としても、飲食をメインとしつつどこまで自分たちの活動をPRできるのか、工夫の余地はいくらでもあります。残りの1か月、しっかりと準備したいと思います。

タグ:青年海外協力隊東京OB会 国際交流

インターンシップへの素朴な疑問

フェアトレードイベントで知り合った友人が東京に来ているということで、お茶をしました。お互いの偏り度合いが似ていたためか、いろんな分野の話で盛り上がりました。

その中で、大学生に浸透した『インターンシップ』の話になりました。自分が就活をした10年前には数えるほどしかなく、幸運にも株式会社パフでインターンをさせてもらいましたが、今では大学生に広く浸透し、インターンシップを単位と認める大学も出てきているそうです。

ここまで広がっていれば、その中身は千差万別なのだと思いますが、ではインターンシップのメリットって何なんだろうね、という話になりました。


学生にとっては、学生の内に社会経験ができること、「就職活動で有利」というイメージがあるとのことです。ただ、アルバイトと何が違うのかを考えてみると、差がよく分かりません。特に、インターンシップは無給という団体がほとんどです。それならば、きちんと対価をもらって責任を持って仕事をするアルバイトを真剣にした方が良い気もします。


インターンシップとアルバイトでは、仕事の内容が違うのかもしれません。10年前と同様、社員と同じような仕事をさせてもらえ、びしびし指導してもらえるのであれば、確かに良い経験になります。

それでも、個人的にはそんなに長期でインターンシップをする必要はないと思います。数年後に就職すれば、同じことを給料をもらいながら(その分責任も持ちながら)できるし、学生の時にだからこそできることが、本当にたくさんあるからです。


一方、企業にとってのメリットは何でしょう。優秀な学生を早めに確保できることなのかと思っていましたが、最近、インターンシップは受け入れても新卒採用をしない企業も増えているそうです。これは不況を受けた一時的なものなのかもしれませんが。

受け入れる学生は無給とは言え、社員の労力が割かれることや、自社に入ってこない(かもしれない)学生を育てることなど、学生を受け入れる企業側の負担も相当なもの。


友人は、「企業のブランドイメージ向上もあるのではないか」と言っていました。CSR(企業の社会的責任)と同じように、インターンの受け入れ先も大企業が多く、またインターンシップの受け入れが「学生の人気企業ランキング」に影響している企業もあるそうです。

あるいは昨今のエコブームのように、企業側もブランドイメージの担保のために、インターンシップ受け入れを行わざるを得ない状況もあるのかもしれません。そうなると、インターンシップが広がることで得をしている人は誰なんでしょう。


学生・企業の双方にとって、「インターンシップは就職活動に有利」という合意があるのなら、学生がインターンシップを重要視する気持ちは、就職”超”氷河期を経た自分にはとてもよく分かります。ただ、インターンシップをするための選考がすでに就職活動のようになっているという話を聞くと、就活同様のゆがみ、マスコミや企業の影響と、学生のブランド志向を感じてしまいます。


自分の友人には、1年間のインターンシップを経てその企業に就職し、毎日本当に楽しそうに仕事をしている人もいます。急速に広がるインターンシップ、その光と影を知り、少しでも多くの学生と企業が納得のいくマッチングを果たすことを期待しています。

タグ:就職活動

「なんみんと夢」のゆめ

シアター「なんみんと夢」のメンバーの1人が上京し、久しぶりに再会しました。今は長野で子育てをしながら、刑務所に居る青年たちと演劇を作っている、パワフルな友人です。


絵画、音楽、演劇などを含めた「アートセラピー」について、いろんな話を聞けました。精神病棟でダンスセラピストとして働く別の友人から話を聞いたこともあり、とても関心のある分野です。


最近、日本で難民申請中の人たちへの取締りが強化されているそうです。「難民」などの問題は、どうしても国家間の決め事や、遠い世界の出来事という感覚がありますが、シアター「なんみんと夢」で目指した、「国や法律の大きな問題、自分には関われないと壁の外から見るのではなく、誰もがその現実の一部である、と主体的に問題を捉える」ことを改めて思い起こし、自分にできることをしようと思います。

タグ:なんみんと夢 難民 舞台

キャリナビ講演会「ビジネスコーチ」

キャリナビ市ヶ谷も、 2009年10月1日に活動休止となります。今回は、休止前の最後のイベントに参加して来ました。前半は、ビジネスコーチの石川和夫さんによる講演、後半は懇親会でした。


石川さんはコンビニの本社勤務の後、独立してコンビニオーナーに、という経歴を持っており、実体験が今のお仕事に活かされているそうです。

コーチングとは、「相手の話を聞く」「不安を和らげる」「モチベーションを上げる」といった、それぞれの人が持つノウハウを体系立てたものとのこと。「聞く」「認める」「問いかける」といったコーチングの3大スキルについて、分かりやすくお話していただきました。


講演後の質疑応答では、「部下が上司に働きかける方法は?」「第三者の悪口を言い合う環境を改善するには?」など、参加者からの活発な質問もありました。後半の懇親会でも、他の参加者の方といろいろ話せて楽しかったです。


これでキャリナビ市ヶ谷も一段落。もう少し活動は続きますが、休止が決まってからの数か月、モチベーションを維持するのも大変だったと思います。本当にお疲れさまでした!

自分にとっても、約2年の市ヶ谷での活動期間中、試行錯誤の中で、いろいろなことに気付け、他のスタッフや学生メンバーと信頼関係を築けた貴重な場となりました。関わった皆さんに感謝です。

タグ:キャリナビ 講座

学会事務局での仕事

就活で知り合った友人と、久しぶりに再会しました。出会ったのは10年前。お互いどこの企業の選考で会ったのかも覚えていませんでしたが、自分にとって就活はとても貴重な機会だったことを改めて感じました。


友人の仕事は、学会の事務局。いつも話がとても面白く、引き込まれます。日本に無数にある学会は、最先端の学術系からトンデモ系までさまざまなようですが、どんな団体でも運営にとってとても重要なのが事務局。特に中小規模の学会にとって、効率的な事務局が会の維持・活性化には欠かせないと思います。

有能な友人に支えられて、それらの学会は盛況なようでした。とはいえ、日本ではまだまだ学会などのアカデミックな団体に対する評価が低く、もっと芸術家や学者の地位が認められるべきだと思います。


終電ぎりぎりまで楽しい話ができ、とても刺激を受けました。来月からは忙しくなるそうですが、体には気をつけて!

タグ:歓談

まりも誕生会

今日は相方の友人の誕生会。昨日に引き続き、お客さんを自宅に招きました。第35回東南アジア青年の船のメンバーたちです。


昨日の夜からサプライズクッキーを仕込み、今日も朝早くから友人が駆けつけて、パウンドケーキ作り。自分は買出しや型紙作りに協力しました。

家の広さに限界はありますが、大勢でわいわいやるのも楽しいもの。ゆったり話したり、外国青年からコメントが来たり、他の期のホームページを見たりしながら、あっという間に時間が過ぎました。


来月には自分の期のリユニオンがあります。縦横のつながりを大切に、日本全国・ASEAN各国に住む友人たちと、社会に関わる何かをマイペースで進めていきたいと思っています。

タグ:東南アジア青年の船 歓談

また1つ 輪が広がる

APUで出会い、上京後にディープな世界をともに体験した友人を自宅に招きました。1週間前に別の友人を招いたばかりなので、掃除も少しで済んで助かります。

自分の相方に友人を紹介することができ、自分には全く分からないディズニーの話で盛り上がっていたりと、また一つ輪が広がって嬉しいです。

『日本の神様カード』のプレゼントは、かなりツボにはまりました。ありがとう!

タグ:歓談

卒業10年目

東京での暮らしもあと半年。今年は大学卒業10年という節目の年でもあります。これまでに出会ったたくさんの人と出会い直そうと、季節の挨拶に一言加えて連絡を取っています。

久しぶりに連絡が取れたり嬉しい再会がある一方、連絡が取れなくなった人たちもいます。改めて一期一会の大切さと、縁の不思議さを感じています。


今日は大学の同期と再会しました。春のバーベキュー以来です。仕事や家族のことは、いつでも人生の主要テーマだと思いますが、今回もたくさん話せました。

今回は久しぶりに締めのラーメンまで食べました。お腹がはちきれそうになりました。確かに年を重ねているようです…。学生時代のなじみの店での再会を楽しみにしています。

タグ:歓談

コメント一覧

未承認 (2016/10/22) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

入社10年目

就活で知り合った友人と、久しぶりに再会しました。大学卒業後、入社10年目の彼らと入社しなかった自分が、縁あって今も付き合っていられることに感謝しています。


異動や移転、結婚、同期の休退社など、それぞれの近況報告を交え、つもる話をゆっくりできました。懐かしい友人と会えることはそれだけで喜びですが、卒業後の選択をふり返り、これからにつなげていく意味でも、旧友と定期的に会うことを今後とも大切にしたいです。


上京後2年間の強烈な日々。さまざまな出会いを経て自分の中に溜まっている消化不良に、しばらく手をつけられずにいましたが、最近ようやく向き合えるようになってきました。


「今を生きる」ために。身近な人たちに話すことで自分の考えをまとめ、少しずつ消化していきたいです。

タグ:就職活動 歓談

学校に行きたくない日に読む本 を読む

学校に行きたくない日に読む本を読みました。教科書や児童書から集められた14編。長くても10数ページの作品は、それぞれにとてもユーモラスで、全部読んでも1時間で読み終わります。読んでいると、心が解きほぐされていくような気持ちになりました。


学校を卒業して、会社やいろんな団体に顔を出すようになっても、「行きたい日」もあれば「行きたくない日」もあります。「行きたくない日」には、この本でもゆっくり読んで、心と体を休めてみるのはいかがでしょう。

「行きたくない日などない」という幸せで鈍感(?)な人は、行きたくない人の気持ちを想像しながら読んでみるのも良いかもしれません。


特に心に響いた1篇は、『学級日記』(著:泉啓子)です。1人ぼっちにしておかず、そのくせ誰かを排除する、教室という空間。正論や親切の押し売りだらけの、居心地の悪い学級の中で、主人公の彼女の素朴な疑問・想いが一際鮮やかでした。


おすすめの1冊です。

タグ:

コメント一覧

未承認 (2016/10/22) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

ソーシャルベンチャーの会

アフリカ会の参加者から、『ソーシャルベンチャーの会』へのお誘いを受け、参加しました。ちょっとしたきっかけから自分の世界が広がる経験は、とても刺激的で楽しいです。参加者の皆さんは、それぞれ関心のある分野があり、話していてとても新鮮でした。


全員の方とはお話できませんでしたが、在宅医療や自殺防止の活動の話にとても興味を持ちました。また、組織のモチベーションアップについての話も面白かったです。主宰者・幹事の坂田さん、門田さん、本当にありがとうございました!

タグ:地域おこし 社会起業

自分からする勉強は楽しい

就活で知り合った友人と、久しぶりに再会しました。卒業後、それぞれに強烈な出会いがあり、ゆっくり話す中でお互いの経験を少し共有することができました。

自分の中の未消化の部分を話すときは、どうしても言葉が途切れがちになり、時間もかかるものですが、それを聞き合えたのが良かったです。改めて、言語化することの大切さを感じました。

「自分からする勉強は楽しい」と、国家資格に挑む友人を心から応援しつつ、自分も関心事の勉強を継続しようと思います。

タグ:歓談

帰国後7年

青年海外協力隊から帰国して間もない友人とお茶をしました。最近のケニアのことをいろいろ聞けて、とても懐かしくなりました。

友人は、治安の悪化による首都退避や日本への一時帰国などもあったようですが、無事に任期を終え4月に帰ってきたばかり。2年間の印象はあり余る時間だったそうで、自分のことも思い出しながらいろいろと質問しました。

帰国後に、さっそく地元で協力隊の広報を手伝ってきたとのことで、東京でも何かをしたいという想いを聞き、青年海外協力隊東京OB会での活動などを話したり、とても楽しい時間を過ごせました。


その後、広島から上京している青年海外協力隊の同期隊員を迎え、訓練所の生活班で集まりました。帰国後7年が経ちますが、特に上京後は毎年のように集まっています。もともと仕事も専門も年齢も違う人たちの集まりなので、帰国後のメンバーそれぞれの人生を知るのが楽しく、いつも刺激をもらっています。

同期の1人は、激務の合間をぬってアラスカに渡り、単身で川下りをしてきたとのこと。食料がなくなったら魚を釣って食べたそうで、みんな唖然としてました。ここにもプチ変人を発見。


アラスカでのサバイバルに刺激され、いつかまた自転車旅行をしたくなりました。それはともかく、しっかり地道に働きながら、もっと視野を広げ、これからやりたいことを考える良い機会になりました。

タグ:青年海外協力隊

↑ページトップへ