目次

フラヒのふろく > 2006年05月

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 2006年05月

タイフェスティバル2006

フラヒのふろく 212-1.jpg

代々木公園のタイフェスティバルに行きました。

雨にもかかわらずかなりの人手で、びっくりしました。ほとんどがタイの食品や民芸品を売っているお店で、展示や活動紹介のブースが少なく、ちょっと物足りない感じがしました。

もう少しゆっくり見たかったのですが、あまりの寒さに早々と撤退。それにしても、1か国だけでこれだけの規模のお祭ができる事に驚きました。

明日は少しでも晴れると良いな。

タグ:国際交流 料理

隅田医療相談会 会議へ初参加

『隅田医療相談会』の会議に参加しました。

初めてで少し緊張していたのですが、暖かい雰囲気にほっとしました。話は主に野宿者の結核予防・治療についてでしたが、病気の枠を超え、野宿者の方々の心情や直面する現実の話ともなり、とても勉強になりました。自分はあまりに知らな過ぎる、と痛感。

若者勉強会として、医療相談会にどのように関わっていけるかについても、いろいろと相談しました。一番大切なのは常に現場だと思います。身近にその場があること、そこを起点として少しずつ活動していければ良いと思いました。

タグ:若者勉強会 反貧困

H18春 青年海外協力隊 募集説明会3

『青年海外協力隊』の募集説明会に参加しました。

今日は最初、3人対大勢で、多少の緊張もあって、あせってしまいました。人数が少なくなってからは、車座でざっくばらんに話せたと思います。

話の最中に、聞いてくれている人が少しでも笑ってくれたりすると、とても元気になるなぁ、と考えたりしました。

タグ:青年海外協力隊

楽器の集い

さっそく、昨日買ったジャンベを演奏しに、井の頭公園へ。

今日も快晴で、楽器日和だ~。友人と、偶然通りかかったジャンベマンの3人で、軽いセッションを始めます。ところが…。

ものの数分もしない内に、どこからか警備員の方が。「井の頭公園は太鼓演奏禁止だよ!」「え、本当ですか?」

公園で太鼓が叩けない…。かなり大ショックです。でも確かに、井の頭公園の周りには民家がひしめいています。そんな視点で見た事無かったな。泣く泣くジャンベを片付け、フリーマーケットや大道芸を楽しみました。

次回は代々木公園かな?でも井の頭公園の雰囲気は好きなのにな~。

タグ:ジャンベ 音楽

バドミントン世界選手権2006

フラヒのふろく 208-1.jpg

東京体育館に、バドミントン世界選手権を見に行きました。

東南アジア青年の船で出会った、インドネシアからの留学生の友達に誘われて、生まれて初めて、バドミントンの試合を見ました。すごい!スピード感も迫力も、想像以上でした。そして、応援のすごさ…。多くのインドネシア人に囲まれて、彼らのノリに圧倒されつつ、とても楽しく応援できました。

その後、浅草へ。浅草寺を案内し、歴史等も説明しましたが、知識不足に猛反省。うまく伝わったかな?露天での買い食いが美味しかったです。

そして、念願のジャンベを購入!やっべ。嬉しいです。叩く場所を見つけて、できるだけたくさん触っていようと思います。

フラヒのふろく 208-2.jpg

タグ:東南アジア青年の船

ガイアシンフォニー 第2番

『ガイアシンフォニー 第2番』を見に行きました。

そして、体の大切さを思い知りました。心が動きませんでした。咳をこらえるのに必死で、また、疲れが出て寝てしまいました。

心で感じるためには、体がとても大切なんだなぁ。数日前から崩していた体調を戻す事に専念します。

タグ:映画

ガイアシンフォニー 第1番

『ガイアシンフォニー 第1番』を見に行きました。

構成がとてもシンプルな分、龍村監督の想いがダイレクトに伝わってくる気がしました。心に響く言葉、そしてやっぱり、登場人物の皆さんがとても素敵な顔をしていました。

「モモ」という本を読んでいる事もあるのですが、時間について考えます。東京に来て1年が過ぎました。この1年、自分にブレーキをかけず、ひたすらに進んできた気がします。たくさんの出会いがあり、多くの事を得てきました。そしていつの間にか、オーバーヒートしてしまったようです。

GW、ゆっくりした時間を過ごす事で、少しずつ自分のペースに戻りつつあるように感じます。過去を大切にしつつ、忘れかけていた大切なものを思い出して、ゆっくり進んでいきたいです。

タグ:映画

若者勉強会 2006年5月定例会

『若者勉強会』の5月定例会に参加しました。

今月は、第1回公開勉強会の振り返りを行いました。といっても、時間の関係であまり出来ず、もう一度振り返りが必要かもしれません。場所の事も含めて、これから少しずつ話し合っていこうと思います。

タグ:若者勉強会 反貧困

檜原村 払沢の滝へ

フラヒのふろく 204-1.jpg

檜原村(ひのはらむら)に、払沢の滝(ほっさわのたき)を見に行きました。

都心から電車で1時間。懐かしい景色に揺られ、終点武蔵五日市駅に到着。そこからバスで30分。滝までの道のりには、美味しいお豆腐屋さんや、自然の中に溶け込んだおみやげ物屋さんがあり、そしてやはり、圧倒的な自然そのものがありました。

滝からの水しぶきを浴びて、心がゆっくり解きほぐされていく気がしました。考えることをやめ、ひたすらに耳とこころをすまして、ゆったりしました。


帰り道に、久しぶりに親と姉に手紙を書きました。ケニアに居た頃は毎日のように手紙を書いていたなぁと、懐かしく思い出します。いつの間にか時間の使い方が変わっていて、しかもそのことに気付かずに過ごしていた気がします。

とても気持ちの良い一日でした。

タグ:パワースポット

↑ページトップへ