目次

フラヒのふろく > 2004年08月

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 2004年08月

東南アジア青年の船スタート

東南アジア青年の船に参加するため、上京。明日からは、日本の文化紹介に向けた自主練習が始まる。そしてそのまま、青年の船プログラムへ。春に偶然この船のことを知り、そして今、東京に居る。

全ては縁。またいつものフレーズを繰り返す。2ヶ月間、いろんな事があるだろう。終わったときに笑顔で居られるよう、過程も思い切り楽しみたい。

タグ:東南アジア青年の船

太鼓練習 東南アジア青年の船へ向けて

淡路島で太鼓の合宿。低い姿勢で横向きの太鼓を力強く打ち鳴らす、「三宅太鼓(みやけ)」を練習する。

東南アジア青年の船の演目練習のため、初の淡路島上陸。島の太鼓グループ「美鼓音(みこと)」の皆さんから、指導をいただく。「三宅太鼓」は、三宅島の漁師に伝わる太鼓。荒波と戦う漁師たちをイメージし、大漁祈願などで演奏されてきているそうだ。

メンバー8人はみんな初心者。しかしこの合宿にかける意気込みは凄く、ほとんど休憩も無いまま、朝から晩まで太鼓を打ち続ける。たった二日でも、何とかエッセンスを身につけなければ!と、みんな必死。二日目の午後には、何とかリズムを聞けるようになる。

あとは、それぞれが地方に戻って、本番まで練習する事になる。自分も負けないように、練習あるのみだ!

タグ:東南アジア青年の船

東南アジア青年の船合格

『東南アジア青年の船』に乗ることになりました。内閣府主催のプログラムです。目玉は、日本人青年40人・ASEAN青年300人と一緒に回ること。

船内は全て英語です。寄港地ではレセプションや施設見学、ホームステイもあるそうです。

いろいろな話をしたい。アジアを知りたい。そしてその経験を、留学生支援に活かしたいと思っています。

タグ:東南アジア青年の船

↑ページトップへ