目次

フラヒのふろく > 2002年12月

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 2002年12月

旅の終わりに/宮古

フラヒのふろく 163-1.jpg

それにしても宮古島はのどかな所だ。

さすがに昨日のガス欠にはびっくりしたが…。でも全然慌てず、むしろ楽しかったのはケニアでの経験のお陰だろうか。まあ、おじさん夫婦はちょっと焦っていたけれど。


午後から、西辺中学校で、”たまうつ先生”として、青年海外協力隊の経験を話す。体育館で、自転車持参でいろんな話をする。みんなの集中力を保たせるのって、やっぱり難しい。でもこの中から一人でも、青年海外協力隊や国際交流に興味を持ってくれたら、とてもうれしい。


今回の旅も、ようやく終わる。予定は大幅にオーバーしたけれど、本当に楽しかった。まずは無事だった事に感謝。また訪れたい場所もたくさん出来た。次はどんな手段になるか分からないけれど、全てが楽しみだ。そして次は、日本社会で頑張るぞ!

タグ:日本縦断自転車旅行

泡盛酒蔵/宮古

5時起き。寝坊してしまう。申し訳ない。

少しずつ自分の役割も出来てくる。油断大敵、焦がさないように。

午後から、泡盛の酒蔵を見学。なんとタイ米を使っているらしい。そちらの方が、米の質的に合っているのだそう。面白い。


近くの西辺中学校へ。校長先生といろいろ話す。

帰りの予定も決まり、チケットを取る。宮古島一周も出来たし、楽しかった。きっちり閉めて、帰ろう。

タグ:日本縦断自転車旅行

12/11 城辺

フラヒのふろく 161-1.jpg

最終目的地・宮古島へ。長かった旅の終着点。海はどこまでも広く、澄んでいた。

タグ:日本縦断自転車旅行

石嶺豆腐/宮古

4時起き。豆腐作りを手伝う。

力仕事で根気も必要。本当に楽じゃない。でも、ラジオを聴きながら楽しく会話しているおじさん夫婦。2人の息は合っていて、さすがだと思う。

まきを割り、火を見て、皿を洗うくらいしか出来ないが…。

出来立てのゆし豆腐は、最高に美味い!

タグ:日本縦断自転車旅行

戦争のこと/那覇

フラヒのふろく 159-1.jpg

朝、だらだらとする。この時期になっても暖かいというのがすごい。
出発直後にパンク。最近はもう何があっても動じなくなってきたなぁ。南へ向かうことにする。

ひめゆりの塔へ。観光客の数に圧倒される。資料館で、写真やビデオ・手紙を見る。沖縄の地上戦というのは、自分の戦争のイメージをはるかに超えていた。原爆とはまた違う、もう一つのもの凄い悲劇。

平和祈念公園では、各県ごとのモニュメントと戦没者の碑を見る。とても痛々しかった。


そして、旅の最終目的地・宮古島へ。快適なフェリーは、何と台湾行きだそう。行ってみたい!

タグ:日本縦断自転車旅行

12/06 糸満

フラヒのふろく 158-1.jpg

沖縄本島・平和の礎。その数・存在に圧倒される。ひめゆりの塔も訪れる。

タグ:日本縦断自転車旅行

じいちゃん/屋久

急にすごい展開になったが、自分のルーツ探し。

じいちゃんの島・屋久島で、何か見つかると良いのだが。役場に行き、話しをする。一介の旅人にも気さくに応対してくれ、感激する。

そして、郷土史編纂室で、ついにルーツ発見。すごいぞ日本!

時間がぎりぎりになってしまい、あわてて港へ。また来よう。絶対に。

鹿児島経由でフェリーを乗り継ぎ、沖縄へ。ほっと一息。

タグ:日本縦断自転車旅行

海中温泉/屋久

種子島経由で、屋久島へ。昨日の夜は暴風雨の中、何とか民家で難を逃れる。


今日は打って変わった晴天。西回りで、屋久島一周を始める。途中、白河山公民館に寄る。囲炉裏があったり、畳だったりと、懐かしい雰囲気。常連さんなのか、たくさんの旅人が居た。

西回りはなかなか良い。猿・鹿・鳥、そして木々。道から見える海も素晴らしく、お陰で疲れずに今日の宿泊先であるユースホステルへ。
食事も美味しく、満天の星空の中の海中温泉も最高だった。

タグ:日本縦断自転車旅行

12/01 屋久

フラヒのふろく 155-1.jpg

屋久島へ。じいちゃんの故郷。ようやく今回、訪れることが出来ました。

タグ:日本縦断自転車旅行

↑ページトップへ