目次

フラヒのふろく > 2002年10月

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 2002年10月

10/31 出雲

フラヒのふろく 134-1.jpg

神の宿る出雲大社へ。想像していたよりシンプルで、飾り気のなさがとても良かった。

タグ:日本縦断自転車旅行

宍道湖の夕日と職務質問/ 松江

宿の同室のおじさんと、いろいろ話す。60年代のレコードを薦められる。機会があれば、聞いてみたい。東京では下町に住もうかな。

久しぶりに晴れ、道も平坦で快適。ここ2・3日、本当に辛かったので、何とか息を吹き返す。もう、気温6℃の峠でブレーキが利かなくなる事なんて、2度と経験したくない…。


道の駅で、絵画の個展を見る。二人とも桃岩の人らしい。こんな所にまで!


松江駅前で、職務質問を受ける。これにはへこむ…。やっぱり、見た目は相当怪しいのだろうか。サンダルだしなぁ。

宍道湖の夕日があまりに綺麗で、すっかり立ち直る。宿までの道は、暗くて大変だった。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/30 松江

フラヒのふろく 132-1.jpg

宍道湖に沈む夕日。職務質問されて落ち込む心にすーっと染み渡る、素晴らしい眺めだった。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/29 鳥取

フラヒのふろく 131-1.jpg

雨の鳥取砂丘。自転車での横断は断念。季節はずれでとてもさびしい印象を受けた。

タグ:日本縦断自転車旅行

コメント一覧

未承認 (2017/03/19) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

なぜだろう。

自転車で旅をしていると、やたらと犬に吠えられるのだ。前を通るたびに吠えられるのだ。一度なんか、追いかけられたのだ。…臭いのか?いや、そんな事はないと思うのだが。

ところがどうも、他のチャリダーもそうらしい。車やバイクには見向きもしないのに、自転車が通ると猛然と吠える。

スピードの違いか?徒歩だとどうなんだ?謎は深まるばかり…。

タグ:日本縦断自転車旅行

奇跡/城崎にて

朝から小雨。何よりとても寒い。玄武洞までの5kmで、足がかじかむ。やはり、サンダルはそろそろ限界か…。

それにしても、玄武洞は凄かった。自然美。大きさ、迫力に圧倒される。余計な解釈は必要ない。併設されたミュージアムも、雑多で面白かった。


城崎でダウン。雨が止まず、足湯でだらだら。安宿に泊まる事にする。

そして、ここでも奇跡が。街中で、協力隊の同期を発見。普通に歩いていて、本当にびっくりする。2年半ぶりの再会に、話も弾む。偶然って凄いなぁ。次の再会を楽しみに、別れる。

夜は城崎の街を浴衣でぶらつく。この雰囲気はとても良い。別府とはまた少し違うな。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/27 豊岡

フラヒのふろく 128-1.jpg

自然の美・玄武洞へ。この日はもの凄く寒く、サンダルの先の指がかじかんで大変だった。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/25 宮津

フラヒのふろく 127-1.jpg

日本三景・天橋立。上からの眺めも良いが、松の中を歩くととても気持ち良い。

タグ:日本縦断自転車旅行

自然体/国道27号

出会うべくして、人は出会うんだろう。それ以外の人にまで気を留めることは無い。旅の目的の一つはいろいろな人と会うこと。でも、無理をしてもしょうがない。自然体で。自然に。

それにしても27号は大変。これ以上ないという位の工事の多さ。工事かトンネルしかない印象。

道の駅でチャリダーと会う。フェリーで北海道から帰ってきたらしい。確かに、チャリダーに適した季節は終わりに近づいてるな。

初めてのカプセルホテル。へぇ、こんな感じなんだ。お風呂も快適で、一人旅には悪くない。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/22 三国

フラヒのふろく 125-1.jpg

自殺の名所・東尋坊。断崖絶壁という訳ではないが、荒々しい日本海に張り出す奇岩。

タグ:日本縦断自転車旅行

兼六園/金沢

初の前輪パンク。穴が小さすぎて、水が無いと見つからない。換えのチューブも無かったため、空気を入れつつ金沢市内まで走る。ガソリンスタンドでようやく修理。ふぅ。

兼六園へ。素晴らしい松の数々。見事だ。今度は晴れた平日に来たい。次は後楽園に行ってみたいな。

久しぶりにネットカフェへ。北海道で一緒だったチャリダーは、もう九州に上陸したらしい。うーん、のんびり行きすぎかな?まぁ、マイペースで。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/20 金沢

フラヒのふろく 123-1.jpg

念願の兼六園へ。予想通り、とても美しい。広すぎて全部を見られず。また訪れたい。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/19 富木

フラヒのふろく 122-1.jpg

巌門。岩の自然美に圧倒される。中まで歩いていけるのが楽しい。

タグ:日本縦断自転車旅行

海鮮料理/能登半島

フラヒのふろく 121-1.jpg

おばあちゃん3人のパワフルユースを後にする。暖かい見送りが嬉しい。

それにしても、能登半島はアップダウンが多いなぁ。しかも看板が少なく、何度となく迷いそうになる。仕方なく、海沿いをやめ、道の広いほうへ。

北上を続け、何とか漁師さんがやってる宿へ。夕食の海鮮料理が最高!それにしても、おじさんが意外とテレビ好きなのに驚く。そんなものかもな。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/17 内浦

フラヒのふろく 120-1.jpg

能登半島の内湾。佐渡に劣らずアップダウンの激しいところ。

タグ:日本縦断自転車旅行

チャリダーの強敵

チャリダーにとって最も手強いものを三つ挙げるとすれば、何だろう。雨?は、実はそんなに気にならない。もちろん暖かい中での話です。火照った体にちょうど良いくらい、というと少し強がりだけれど。


自分的には、風・峠・そしてトンネルを挙げる。

向かい風・横風の憎らしいこと。なぜ逆向きに吹いてくれないんだーと、誰に文句を言ってもしょうがなく。追い風と向かい風では、本当にスピードも労力も、面白いように違うんです。

峠も悲惨。何せ、チャリと荷物で、総重量は40kgを超えています。歩いて登った方が楽なんじゃ?と思うこともしばしば。ただ、登りには下りがあることだけが、唯一の救いかな。

トンネルは無条件に恐ろしい。暗く、うるさく、排気ガス臭く…。せめて路肩をつけてくれー。微妙に狭い歩道も困りものです。


人によってはダートや対向車、昆虫などを挙げるかもしれない。どれも手強い!

タグ:日本縦断自転車旅行

10/15 朝日

フラヒのふろく 118-1.jpg

ヒスイ海岸。原石が落ちていて、見つけ方の解説もある。

タグ:日本縦断自転車旅行

バリ島テロ/糸魚川

テレビでインドネシア・バリ島のテロを知る。青年海外協力隊のみんなは大丈夫だろうか。誰かが居るというだけで、こんなにも受け取り方が変わってくるんだな。マスコミの取り上げ方も、北朝鮮優先でむずがゆい。でも、それだけみんなの関心が高いのだろう。

夜は、2年半ぶりに会った社会福祉研究会の友人と、鍋を食べる。結婚の報告を聞く。おめでとう!みんな変わらないな。むしろ、昔より話しやすくなったかもしれない。

明日は天嶮・親不知だ。頑張ろう。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/13 上越

フラヒのふろく 116-1.jpg

国道8号に沈む夕日。久しぶりに100kmを超えて走った一日でした。

タグ:日本縦断自転車旅行

コメント一覧

未承認 (2017/03/19) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (2017/09/21) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

登山/火打山

ひょんな事から、友人と登山をする羽目に。新潟から特急に乗って妙高高原へ。登山口で仮眠を取り、早朝5時半に火打山を登山開始。

地面は雨のためぐちゃぐちゃ。サンダルなので、指先が凍りつく。通りがかりのおばちゃんのアイデアで、軍手を靴下代わりに。スーパーのビニールで足を覆う。あぁ、暖かい。昼前に頂上へ。ガスで何も見えず、雪が降り出す。でも、日本の登山は楽しいな。高山病にもならないし。

3時頃、下山。樹氷と紅葉を楽しんだ。苗名滝も綺麗だった。

近くのYHへ。同室は、船で20カ国を回ったおじさん。いろいろな話ができた。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/10 妙高高原

フラヒのふろく 114-1.jpg

火打山に登る。紅葉の真っ只中で、初雪も経験。

タグ:日本縦断自転車旅行

ロボット能/佐渡

佐渡のユースに1泊。スイス人のチャリダーと話し、意気投合。北の方のユースにもう1泊することに。

トキの森へ。努力の甲斐もあって、現在25羽まで増えたそう。

珍しいところでは、ロボット能なるものを鑑賞する。道成寺のダイジェストだそうだ。全くの初心者なので、入門には良いかも。

夜、おじさんから電話。豆腐屋にタンザニアの人が来るとかで、スワヒリ語講座をする。懐かしい。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/08 佐渡

フラヒのふろく 112-1.jpg

ロボット能による道成寺のダイジェストを見学。うーむ。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/05 朝日

フラヒのふろく 111-1.jpg

湯殿山近くの山中にある重要文化財「多層民家」。昔ながらの民家が復元されています。

タグ:日本縦断自転車旅行

落雷/鶴岡

フラヒのふろく 110-1.jpg

秋田・象潟ユースを後にする。ペアレントさんとの話はとても面白かった。自分に出来ることは何だろうと考える。今はまだ、外れたチェーンを付ける事くらいしか出来ないが。

宿を出て1時間もしない内に暴風雨に遭う。ものすごい雹と雷。避難した保育園の庭の木に落雷して、驚く。

道の駅・鳥海で、日本一周中のおじさんと出会う。ママチャリに大きな荷物。日本もなかなか凄い。

つるおかユースへ。近所のおじさんの憩いの場所となっており、その事に感激する。スタッフ、ペアレント、近所のおじちゃん、みんな暖かくて面白い。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/03 象潟

フラヒのふろく 109-1.jpg

日本海に沈む夕日。旅の疲れがすーっと癒される瞬間です。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/02 八郎潟

フラヒのふろく 108-1.jpg

日本のお米処。どこまでも続く田んぼを見るのは初めてです。

タグ:日本縦断自転車旅行

↑ページトップへ