目次

フラヒのふろく > 2000年12月

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 2000年12月

素晴らしい風景

クリスマスを任地で過ごすはずが果たせず、残念です。来年こそは!と思ってます。相変わらず語学も成長せず、たまにケニア人への不満が爆発しそうになりつつ、基本的には元気です。久しぶりのナイロビへの上京で美味しいものを食べ、日本食って良いなぁ、としみじみ感じてます。


年末は登山に挑戦します。五千メートルという、未知の世界で高山病続出らしく、まぁ駄目なら駄目でそれも良い経験かな、と。装備も良く分からないけど、久しぶりに見れる雪を楽しみにしてます。


本当にここは素晴らしい風景に囲まれています!夢である地平線に沈む夕日はまだ見れていないけど、島国日本には無い景色がたくさんです。人を撮るのも面白いかもしれません。良いカメラを持って来るべきだった、と思っているところです。

タグ:青年海外協力隊

ナイロビへ

学年末の休みに入り、ナイロビに上がってきています。最初の学期は必死だったりもどかしかったり。何とか体調維持だけはできたかな。


その後少しだけ海に行き、リフレッシュしてきたところです。でも暑くて眠れなかったけど。涼しいナイロビで、やっと安眠出来そうです。年末は同期隊員の職場である、児童養護施設で過ごそうと思ってます。ここケニアにはキリスト教徒がたくさん居るので、クリスマスが楽しみです。

タグ:青年海外協力隊

↑ページトップへ