目次

フラヒのふろく > 2000年08月

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 2000年08月

アフリカの空

アフリカの空は、青い空、白い雲。当たり前だけれど、どこか違います。凄くくっきりしてる!そして、星はとてもまたたく。

ここは涼しく乾燥していて過ごしやすいです。でも、日本語を使えない日々はさすがに大変です。言葉の壁は、厚いです。

タグ:青年海外協力隊

ケニア通信1号

青年海外協力隊員としてケニアに来て2ヶ月。首都ナイロビでのスワヒリ語学習や予防接種、教育実習を終えて、今は西の果てキシイという町で理数科教師として赴任しています。ナイロビからバスで7時間、緑の多いのどかな町です。

そこで、今までに感じたこと・驚いたことをケニアの紹介を含めつついくつか思い出してみます。ただし、これはあくまでも僕の主観であり、キシイ地区のごく一部で起こった出来事です。


ケニアは東アフリカの赤道直下にある国。面積は日本の約1.5倍、人口は約2,900万人。部族としてはキクユ、ルヒャ、カレンジン、そしてマサイ等。宗教はキリスト教が主。公用語はスワヒリ語、英語で、多数の部族語がある。首都ナイロビは200万人都市。高地(1,500m)にあるためとても涼しく、平均気温は20℃前後。雨季、乾季がある。

協力隊員は現在約100人。職種は理数科教師、ポリオ対策、自動車整備、環境教育等。


▼挨拶について

この間赴任して初めて買い物に行きました。校長先生と一緒です。彼らは道で知り合いに会うと「ジャンボ!(こんにちは!)」。そしてがっちりと握手します。「ハバーリ?(ご機嫌いかが?)」には「ンズーリ!(元気だよ!)」と答え、おしゃべりが始まります。

行き先のこと、今日の天気、砂糖について、親戚の話…という間にまた知り合いが。「ジャンボ!」そして握手…という訳で、彼らは心ゆくまで話を楽しみます。そして、満足すると「クワヘリ!(さようなら!)」と言ってまた歩き出す。

でも、ここは田舎で知り合いだらけ!その度に話をするので、1キロ先のマーケットまで2時間もかかってしまいました。さすが‘ポレポレ(ゆっくりゆっくり) ‘の国だなぁ。


▼交通手段

彼らはとても足腰が強いです。1時間くらいの距離なら「near!(近いよ!)」、2時間でも「not so far.(そんなに遠くないね。)」そんな彼らも遠くへ行く時は、マタツと呼ばれる小型バスを使います。早速乗ってみると…。

あれ?動きません。車はずっと止まったまま。お客さんは窓の外の物売りさんとのんびり交渉しています。そして、お客さんを集めている人が一人。どうやらお客さんがいっぱいになるまで待っているようです。そういえば乗り場には時刻表がありません。

ようやくいっぱいになりました。でもまだ動きません。彼は相変わらず客集め、そして別の人が乗ってくる。えっ、まだ乗るの?…痛い!…苦しい、もう無理という頃に彼が車の横をポンポン、と2回たたき、人でぎゅうぎゅうになったマタツはようやく走り始めます。

これではいつ着くことやら、と思っていると…速い!というか速すぎ!マタツはでこぼこ道を猛スピードで走っていきます。お尻は痛い、頭は打つ。もちろん信号などなく、彼らはひたすら目的地まで飛ばすのです。


▼言葉と会話

僕の家は学校の隣にあります。このあたりに住んでいる外国人は一人なので、みんな珍しいようです。「ビオレ!(こんにちは!)」と声をかけてくる人もいて、「ビアモノ!(やあ、こんにちは!)」と返します。

これはキシイ語、というようにキシイの人たちはキシイ語、スワヒリ語、英語と3つの言葉を話すのです。しかも同じ文の中でさえ。

でもこれは彼らにとって当たり前のようです。うちの校長は7つもの言葉を話せるんですよ!


▼野生王国ケニア?

僕の出身大分県には「アフリカンサファリ」というサファリパークがあります。たくさんの野生動物たちがいる大きな動物園のような所です。サファリといえばアフリカ、というようにきっと多くの人たちがアフリカのイメージとして野生動物を思い浮かべるでしょう。

事実、ケニアにはたくさんの野生動物がいます。キリンにライオン、サイにシマウマ。そして有名なあの百万羽のフラミンゴ。だからといって、ケニアの人たちが動物に詳しいかというと、そうでもないのです。ライオンを見たことのない人もたくさんいます。なぜでしょうか?

それは、多くの野生動物たちは人の住んでいる所ではなく、サファリの中にいますよね。シマウマのような例外もいますけど。そして、サファリに入るには入場料がいる。実際にナイロビの小学生の3%しかサファリに行った事がないそうです。

現金収入の少ない地方の子達はなおさらでしょう。テレビのある家なんてほんのわずか。彼らにとって野生動物は身近なようでそうではないんですね。


▼近況

今はまだ働き出して日が浅いですが、これから彼らとどんどんいろんな話をして、刺激をたくさん受けようと思っています。

タグ:青年海外協力隊

↑ページトップへ