目次

フラヒのふろく > 全記事 > 旅をする

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 旅をする

09/26 むつ

フラヒのふろく 103-1.jpg

恐山そばの湖。とても神聖な、心地の良い空気が流れている。

タグ:日本縦断自転車旅行

09/25 函館

フラヒのふろく 102-1.jpg

北の大地を後にし、一路青森・大間崎へ。綺麗なくじら雲を発見。縁起が良い!

タグ:日本縦断自転車旅行

昆布と夜景/函館

朝、少しのんびりしてから、いよいよ函館へ。途中で寄った昆布館が、意外に面白い。映像に展示・試食コーナーまで。ここまで徹底すれば客は来る。

五稜郭を2周。休憩にはちょうど良い。

夜は函館山へ。その景色に、寒さも忘れて見入る。本当に綺麗だ。
夕食のたつみ食堂で、おじさんと話に花が咲く。近所のおっちゃんや学生ライダーともいろいろ話す。旭川の花ちゃん以来かな。楽しかった。

タグ:日本縦断自転車旅行

09/23 函館

フラヒのふろく 100-1.jpg

100万ドルの夜景。デジカメには写りづらいけど、かなりの絶景だった。

タグ:日本縦断自転車旅行

09/23 大沼

フラヒのふろく 99-1.jpg

展望台から大沼公園一帯を眺める。坂は大変だったけど、すがすがしい。

タグ:日本縦断自転車旅行

ピースサイン

道を走っていて、向こうから来るチャリダーやライダーを見ると、右手がうずく。絶妙のタイミングでピースサインを出す為である。別に写真を撮ってもらう訳ではなく、これこそが旅人同士の挨拶なのだ。

お互いに敬意を表し、また旅の安全を願う大人のサイン。これを見れば疲れた足にも再び活力が湧いてくるというもの。

サインにはピースだけではなく、ガッツポーズやバイバイ、ダァーなど、いろんなバリエーションがあって楽しい。これを見たら、恥ずかしがらずに必ず返そう!

タグ:日本縦断自転車旅行

有珠山火口/洞爺

アップダウンを耐え、洞爺へ。宿に荷物を置かせてもらい、有珠山へ。

火口までの道に圧倒される。倒壊した家や幼稚園が、当時のまま残っている。ひび割れた道路を登って、ようやく火口。いまだにガスが昇っている。

温泉街に戻り、夕食。今日は偶然にも花火大会らしく、海の上に花火が上がる。綺麗だ。

タグ:日本縦断自転車旅行

09/20 壮瞥

フラヒのふろく 96-1.jpg

有珠山火口付近。家は壊れたままで、噴火の跡が生々しく残っている。

タグ:日本縦断自転車旅行

秘湯・薬師温泉/ニセコ

アップダウンのある道をニセコ方面へ。旅物語に到着。車で神仙沼まで送ってもらう。でも、人が多すぎる。長沼の方が、個人的には好きだ。

峠を下り、新見温泉へ。枝豆サービスがうれしい。

ダートを通って薬師温泉へ。秘湯。落ち葉が浮いてて、風情がある。ようやくクロスバイクが役に立った。重い割によくパンクするし、頑丈だけが取り柄だもんな。

夜は同宿者・オーナー・ヘルパーさん達といろいろ話す。「ケニア」というあだ名に、ちょっと複雑な思い。

タグ:日本縦断自転車旅行

09/18 ニセコ

フラヒのふろく 94-1.jpg

キタキツネに初遭遇。餌は与えてません。とてもかわいい。

タグ:日本縦断自転車旅行

↑ページトップへ