目次

フラヒのふろく > 全記事 > 旅をする

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 旅をする

ロボット能/佐渡

佐渡のユースに1泊。スイス人のチャリダーと話し、意気投合。北の方のユースにもう1泊することに。

トキの森へ。努力の甲斐もあって、現在25羽まで増えたそう。

珍しいところでは、ロボット能なるものを鑑賞する。道成寺のダイジェストだそうだ。全くの初心者なので、入門には良いかも。

夜、おじさんから電話。豆腐屋にタンザニアの人が来るとかで、スワヒリ語講座をする。懐かしい。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/08 佐渡

フラヒのふろく 112-1.jpg

ロボット能による道成寺のダイジェストを見学。うーむ。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/05 朝日

フラヒのふろく 111-1.jpg

湯殿山近くの山中にある重要文化財「多層民家」。昔ながらの民家が復元されています。

タグ:日本縦断自転車旅行

落雷/鶴岡

フラヒのふろく 110-1.jpg

秋田・象潟ユースを後にする。ペアレントさんとの話はとても面白かった。自分に出来ることは何だろうと考える。今はまだ、外れたチェーンを付ける事くらいしか出来ないが。

宿を出て1時間もしない内に暴風雨に遭う。ものすごい雹と雷。避難した保育園の庭の木に落雷して、驚く。

道の駅・鳥海で、日本一周中のおじさんと出会う。ママチャリに大きな荷物。日本もなかなか凄い。

つるおかユースへ。近所のおじさんの憩いの場所となっており、その事に感激する。スタッフ、ペアレント、近所のおじちゃん、みんな暖かくて面白い。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/03 象潟

フラヒのふろく 109-1.jpg

日本海に沈む夕日。旅の疲れがすーっと癒される瞬間です。

タグ:日本縦断自転車旅行

10/02 八郎潟

フラヒのふろく 108-1.jpg

日本のお米処。どこまでも続く田んぼを見るのは初めてです。

タグ:日本縦断自転車旅行

親切を食べる/竜飛岬

道の駅を早朝に出発。決して休憩室と呼べるものではなかったが、トイレよりはまし。海の博物館でちょっと休憩。

竜飛岬まで、スムーズに進む。今日みたいな風の無い日は珍しいそうだ。宗谷岬を思い出す。売店のおばちゃんに差し入れをもらう。本当にありがたい。この親切を食べて一日を乗り切っているようなものだ。

その後の峠のきつい事!バイク向けのマップルでは、やはり不完全か…。景色は素晴らしい。晴れるともっと良いんだろう。


十三湖のキャンプ場へ。白老でもらったテントを初めて使う。旅のシーズンも終わりらしく、客は一人。おばちゃんが親切で、中のトイレを使わせてもらう。暖かい。

タグ:日本縦断自転車旅行

09/30 三厩

フラヒのふろく 106-1.jpg

竜飛岬。この日は風が全くなく、険しい岬を何とか乗り切りました。

タグ:日本縦断自転車旅行

09/28 青森

フラヒのふろく 105-1.jpg

三内丸山遺跡。古代の建物が見られて楽しい。

タグ:日本縦断自転車旅行

恐山/むつ

フラヒのふろく 104-1.jpg

本州二日目。大間崎であったおばちゃんに勧められた薬研のキャンプ場はとても居心地が良く、出発の時にはおにぎりまで頂く。本当にありがたい。

恐山へ。登り始めてから、山だったことに気付く。歩くより遅いくらいのペースで、何とか頂上へ。

食堂で、おばちゃん達から差し入れを頂く。疲れた体に染み渡る。本当にありがたい…。

お寺は凄く良い。神聖な雰囲気で、平和観音も美しい。空気・景色・雰囲気、全てがとても良くて、落ち着ける。温泉でのんびり。


むつ市へ。日暮れのドライブインで、放浪者のおじさんと出会う。61歳。タバコ代以外は一銭もかけない旅をしているらしい。いろんな話をし、ご飯を頂き、軒下で寝る。

もらいっぱなしの一日。謙虚にいきたい。

タグ:日本縦断自転車旅行

↑ページトップへ