目次

フラヒのふろく > 全記事 > 旅をする

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 旅をする

100人100旅

昨日初めて訪れた近所のカフェ。アットホームで清潔感もある内装と美味しいコーヒーに満足。

相方が本棚から持ってきた本がとても興味深かったので、紹介します。

「100人100旅―126人でつくった旅の本」

100人の旅好き仲間が集まり、自分の旅行記を2~4ページ程度にまとめた旅の本です。

「自分の旅行記が本になる」という魅力に多くの人が賛同し、第5弾
まで企画されているそうです。


その場で検索してみると、公式サイトもありました。

100人100旅


こういうこと、やりたいなぁ。

タグ:旅行記

家族旅行@台湾

家族と台湾旅行に行ってきました。

初めての台湾は人が暖かく、食事は美味しく、街を安心して歩くことができ、見どころもたくさんで、とても楽しかったです。

ツアーガイドさんが素晴らしく、歴史や文化に触れることができました。もっと台湾のことを知りたいと思える、良い旅でした。

タグ:台湾

コメント一覧

未承認 (2011/09/16) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (2017/03/19) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

神宮参拝・タンザニア

早朝から、待ちに待った内宮参拝。神宮会館で数年前から始めたサービスとのことで、支配人自ら丁寧に案内していただきながら、2時間ほどかけてゆっくり境内を回ることができました。

一つ一つの場所や、鎮座されている神様の由来・エピソード、簡単な作法などをご説明いただき、質問にも丁寧に答えてくださる中で、支配人からにじみ出る、神様への信仰と神宮への敬意、伊勢人としての誇りが伝わってきて、そのことにも感動しました。澄んだ空気と水、木々に囲まれて、素敵な参拝となりました。来れて良かったです。

会館に戻り、とても美味しい朝食をいただいた後、大会最後のプログラムに参加。伊勢志摩おもてなしの会、伊勢なでしこの会などで伊勢を若い力で盛り上げている島田かよさんによるお話でした。

伊勢の町の伝統やしきたりを尊重しつつ、凝り固まってしまっている部分には新しい風を入れるべく多くの取り組みをしていて、「小さな意味を拾い集めながらイベントを作る」姿勢に共感しました。また、毎週駅前で観光客の案内に立ち続け、毎週の記録を市の観光課に送り続けた結果、4年経って駅前に観光案内所が設置されたエピソードなど、継続の力を語っていました。

それらの活動を気負いなくやっているように見えるところや、お話の中で何度も「いいなぁ、ありがたいなぁと思いながら活動している」と話されていたことなど、とても素敵な人柄とお話でした。

そして最後に閉会式。少数精鋭で楽しいブロック会議を作ってくれた三重県IYEOの皆さん、本当にありがとうございました&お疲れさまでした。


解散後、おかげ横町で伊勢うどん。味は。。。?でしたが、街の雰囲気などとても良かったです。そして、若松屋のタコ天。こちらは文句なしに美味しく、買って帰るお土産が決まりました。


昼食後は、会館のロビーでたまたま見つけた「マコンデ美術館」へ。降りる駅を間違い、1日4本のバスもつかまらず、汗だくになりながら何とかたどり着きました。

木彫りの彫刻はとてもユーモラスで素晴らしく、簡単な道具のみでこれらを作り出すタンザニア・マコンデ族の芸術の世界にどっぷりつかりました。お目当てのティンガ・ティンガの数が少なかったのは少し残念でしたが、とても楽しめました。

それにしても、なぜ伊勢の端の辺鄙なところにタンザニアの美術館が?というなぞは、最後まで解けませんでした。


久しぶりの小旅行、やっぱり旅はいいなぁ。リフレッシュできました。また明日からがんばろう!

タグ:IYEO

伊勢へ―神宮と町づくり

行きたいとずっと思ってきた伊勢神宮。IYEOの東海ブロック大会を機に、ようやく参拝することができました。

JRの「伊勢路フリーきっぷ」というお得なきっぷ(往復のきっぷ代位の代金で、タクシー券4000円分と昼食・お土産券2000円分がついてきます)を有効活用。会場と宿泊は内宮そばの神宮会館でした。

神宮宮掌の日比敏明さんから聞いた神宮についてのお話から、伊勢市の4分の1が神宮であることや、仕える人たちの様々な職階、年間1500回を超えるお祭り、神宮に使われているものは可能な限りリサイクルしていることなど、いろいろなことを知りました。

次に、伊勢観光協会の西村純一さんから、伊勢の町おこしについての話を聞きました。ここ数年の道路整備による人の流れの変化やパワースポットブームの功罪、街の歴史などの背景に加え、バリアフリーや外国語の案内などこれからの改善点も伺うことができました。

また、「観光客から参拝客へ」として、木札やマップの配布など、観光客に本当のお参りを伝え、リピーター客の回数増加を目指していることなど、今後の戦略についてもお興味深い話を聞けました。

上品な夕食はとても美味しく、懇親会では地元三重県からの参加者や、今年の東南アジア青年の船に乗る方とも話せて、久しぶりに船を思い出しました。

いよいよ明日は、神宮への参拝です。

タグ:IYEO

パクチー

糸井重里@伊勢路。この人の存在感もすごい。もたいまさこといい、パクチーみたい。

タグ:エッセイ

名古屋まで1時間

愛知県といえば、名古屋。

引越先を何度伝えても、「名古屋に行くんだね~」と言われることが何度もありました。


実際に行ってみると、やはり便利な街です。規模もちょうど良いし、街がきれいな気がします。

ただ、片道1時間以上かかるため、予定を済ませてとんぼ返りすることが多いのですが。。。


これからも、情報を得るために、そして「人」と出会うために、何度も行くことになりそうです。

タグ:街歩き

京都嵐山クラブ(京都観光ポータルサイト)

京都。

昔から心惹かれる街です。


そこでフリーライターをしている友人から連絡がありました。

以前遊びに行った時も、京都のいろいろなところを案内してくれて、とても楽しかった!

ナイトウォークやオーガニックカフェ。

自転車でいろいろと回れるのも京都の魅力の1つかも。


最近は、京都の観光ポータルサイトにも関わっているそうです。


京都嵐山クラブ
 http://kyotoarashiyama.jp/

コンテンツが盛りだくさんですが、「前略、京都より」と「洛陽三十三所観音巡礼」のコーナーがおすすめです。


自分も、いつか住む街を案内できるようになりたいです。

タグ:街歩き

御茶ノ水→新宿→神楽坂⇒東三河

東京3日目。

大学卒業後、「緑のふるさと協力隊」として大分県で就農していた友人が地元に戻ってきたので、相方と3人、朝から一緒にお茶しました。

結婚式の二次会に来てくれた時に、別の友人からのお誘いを受けて、転職を決めたとのこと。

以前から「3年就農した後は地元で転職する」と言っていたことを、見事に実行していました。


その後、別の友人とロシア料理のランチ。

最近、登山の楽しさに目覚めたらしく、昨日も高尾山に行ったそうです。

自然に囲まれた静かな時間を大切にしていて、素敵だなと思いました。

気負いすぎず、ゆっくり生きようね。


そして、神楽坂へ。

神楽坂といえば、紀の善。

二次会の幹事として、本当に大活躍してくれたあめりとあやちゃんに、改めてお礼を伝えました。

怒涛の日々を思い出しては、「もうずいぶん前のことだった気がするね」と話したり。当日の大変だったことなども聞けて、今だから笑えるけれど。。。と、改めて感謝です。


これからも、折にふれ、今まで出会ってきた人たちに感謝を伝えていきたいです。

久しぶりの東京で、心の充電ができました。

タグ:結婚式 就職活動

御茶ノ水→池袋→舞浜→御茶ノ水

東京2日目。朝から友人とお茶をしました。

つい最近、新婚旅行で行ったというケニアの写真に大興奮!

動物写真家の岩合光昭さん親子のツアーに参加したそうです。

アンボセリ、レイクナクル、マサイマラと、盛りだくさんのサファリツアー。フラミンゴが少なかった他は、本当にラッキーなツアーだったようでした。

ほんとに、本当に、うらやまし~!

久しぶりにケニア熱が復活しました。


午後からは、結婚式場へ。

本当にお世話になったプランナーさんへ、お礼と引越の報告に行きました。

駅を降りてからの独特の雰囲気は相変わらずで、「帰ってきたな~」という感慨とともに、式場へ。

いつもの笑顔で迎えてくださったMさんと、懐かしい話をたくさんすることができました。

当日、二次会の担当ではなかったにもかかわらず、二次会後の送賓の終わった23時半頃まで会場に居てくださったMさん。お顔を見て、本当にほっとしました。

その他、どのスタッフの方も、温かい雰囲気と丁寧な仕事ぶりで、本当にこの会場で良かったと実感しています。

プランナーさんのブログに載せていただいたり、サプライズプレゼントも頂きました。感謝です!


夜は食事会へ。式の余興、二次会のカメラを担当してくれた人たちへお礼を伝えました。

気の置けないメンバーと、いつもの雰囲気でゆっくり話すことができました。

アイザックも、いつも通り。。。

就活中のまめみと、就職したばかりのきょーいちの「素材」話と、それに冷静なツッコミを入れるヒデの掛け合いは面白かったです。いつもありがとう。

場所をあめり邸に移し、トークは続きました。

タグ:結婚式

東三河⇒高田馬場→早稲田→神楽坂→水天宮→神保町→御茶ノ水

新しい職場に提出する資料を手に入れるため、引越以来初の東京へ。

以前の職場を訪れ、変わらぬ雰囲気に安心し、近況を伝えることができました。


合間には、10年来の友人とお茶をしました。

90歳を過ぎたおじいさんの、お百姓人生は、とても素敵でした。

「自分の作ったものだけを食べていれば、そんなに大きな病気になることはない」というおじいさん。

今も晴れていれば畑に出ようとし、雨の日にも草むしりの練習を欠かさないそうです。

お百姓人生70年を超えるおじいさん、一度ぜひお話を聞いてみたいと思いました。


きっと身近にも、そんな素敵な人がたくさんいるんだと思います。

先人の声を謙虚に聞いて、静かに暮らしていければなぁと思いました。


その後、元職場の同僚の送別会に参加させてもらいました。

ついに、アメリカに行くことを決断したそうです。同い年の彼女の、今後が楽しみです。

別の同僚とは、学生時代にも会ったことがあるかもしれないという話になったり。

帰り道、また別の同僚の重大発表を聞けたりと、盛りだくさんでした。


そして、いつもお世話になりっぱなしのあめり邸で、相方と合流。ゆったりした時間の流れる居心地の良い部屋で語りました。

タグ:結婚式 就職活動

ページ移動

↑ページトップへ