目次

伊勢へ―神宮と町づくり - フラヒのふろく > 全記事 > 旅をする

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 旅をする > 伊勢へ―神宮と町づくり

伊勢へ―神宮と町づくり

行きたいとずっと思ってきた伊勢神宮。IYEOの東海ブロック大会を機に、ようやく参拝することができました。

JRの「伊勢路フリーきっぷ」というお得なきっぷ(往復のきっぷ代位の代金で、タクシー券4000円分と昼食・お土産券2000円分がついてきます)を有効活用。会場と宿泊は内宮そばの神宮会館でした。

神宮宮掌の日比敏明さんから聞いた神宮についてのお話から、伊勢市の4分の1が神宮であることや、仕える人たちの様々な職階、年間1500回を超えるお祭り、神宮に使われているものは可能な限りリサイクルしていることなど、いろいろなことを知りました。

次に、伊勢観光協会の西村純一さんから、伊勢の町おこしについての話を聞きました。ここ数年の道路整備による人の流れの変化やパワースポットブームの功罪、街の歴史などの背景に加え、バリアフリーや外国語の案内などこれからの改善点も伺うことができました。

また、「観光客から参拝客へ」として、木札やマップの配布など、観光客に本当のお参りを伝え、リピーター客の回数増加を目指していることなど、今後の戦略についてもお興味深い話を聞けました。

上品な夕食はとても美味しく、懇親会では地元三重県からの参加者や、今年の東南アジア青年の船に乗る方とも話せて、久しぶりに船を思い出しました。

いよいよ明日は、神宮への参拝です。

タグ:IYEO

トラックバック一覧

コメント一覧