目次

エコ貯金プロジェクト - フラヒのふろく > 全記事 > 社会と関わる

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 社会と関わる > エコ貯金プロジェクト

エコ貯金プロジェクト

いくつかの市民団体で活動する中で、現場での出来事だけでなく、世の中の大きな流れを知ることの大切さも痛感していた2007年の春。

ミヒャエル=エンデの著作や地域通貨の考え方に触れる中で、「お金」という制度に対する関心が出てきて、少しずつ調べ始めました。


そんな時に出合ったのが、(特活)A SEED JAPANのエコ貯金プロジェクトチームの活動です。自分が金融機関に預けているお金が、どう使われているか。その融資先に目を配り、自分にとってより納得のできる金融機関を選ぶことで、世の中を変えていく。

その視点がとても興味深く、もっと知りたいと思い、定例ミーティングに参加しました。


集まっている人は、ほとんどが20代から30代前半。その若さと、勉強熱心さが第一印象です。アットホームで、周りのみんなも勉強中という雰囲気があり、ワークショップや資料作成、広報などのチームで活動を始めました。


数か月後には、イベントに参加して、来場者に「エコ貯金プロジェクト」の説明を始めました。環境系のイベントだったため、来場者の興味に近かったためか、話していてとても楽しかったです。


その頃、エコ貯金プロジェクト以前から関わっている複数の団体で役員をすることになり、そちらに集中することにしました。

ただ、エコ貯金プロジェクトの活動にはとても共感しており、これからも活動に注目しつつ、自分なりに情報発信をしていこうと思っています。

タグ:20代 エコ貯金

トラックバック一覧

コメント一覧