目次

たった一人の30年戦争 - フラヒのふろく > 全記事 > ものを考える

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > ものを考える > たった一人の30年戦争

たった一人の30年戦争

著者: 小野田 寛郎


すごい本に出会うと、単純にわくわくします。通勤の電車が待ち遠しくなるだけでなく、生活全体にはりがでてくる気がします。この本も、そんな一冊です。


青年海外協力隊の歴史をふり返る中で出会った、故末次一郎氏。彼が戦後の日本に与えた影響の大きさと、その超人ぶりに触れる中で、どうして末次さんはこんなに自律できたのか、献身できたのかと、不思議な気持ちがし、また生前に会ってみたかったという想いが募ってきました。


そんな中、青年海外協力隊の先輩に教えていただいた、小野田寛郎さんのこと。戦後30年間、終戦を知らされず、また信じずに、フィリピン・ルバング島の密林の中で戦い続けたことはよく知られていますが、彼が末次一郎さんと、陸軍中野学校の同期生であり、親友でもあることを聞き、とても関心を持ちました。

縁あって、小野田さんの講演会を開催できることになり、不勉強な自分がまず手に取った一冊が、この本です。


戦後30年、ある人はその悲惨さや後ろめたさから、またある人は全てが変わっていく絶望感から、戦争の記憶を消そうとしていた頃、突然日本に生還した”最後の帰還兵”小野田寛郎さんの登場は、多くの日本人に衝撃を与えたようです。

自分と戦争との距離感や価値観により、小野田さんの存在はさまざまに評価され、身勝手な誹謗中傷や礼賛に苦労されたようですが、そういった他己評価ではなく、小野田さん自身の声であることが、そのままこの本の価値だと思います。


末次一郎さんと小野田寛郎さん。時期や場所は違っても、それぞれの戦後の社会で活躍してきた彼らのまっすぐさは、著書を読む限り、陸軍中野学校での戦中特殊教育ではなく、戦争で自分や友の死と強烈に向き合ったこと、そして戦後もそこから目をそらさずに、死んだ友に恥じない生き方を実践してきたことから来ているように思います。

自分を曲げ、時にはそれを他人のせいにしながら生きている自分にとって、彼らの生き様そのものが強烈なメッセージです。


戦争は終わりました。でも、身の回りには、ありとあらゆる問題(=自分にとって都合の悪いこと)があふれています。その1つ1つを、まずは認め(見止め)、受け入れ、考え、対話し、納得(解決)していかなくてはなりません。

さまざまな問題を、けんかや裁判や戦争に頼らずに、解決すること。それが自分達の世代に課せられた挑戦なのだと思います。


小野田自然塾を主宰し、子ども達への冒険教育を最後のライフワークとする小野田さんのご長命をお祈りしています。

タグ:

トラックバック一覧

コメント一覧