目次

避難所との出合い - フラヒのふろく > 全記事 > 働く暮らす

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 働く暮らす > 避難所との出合い

避難所との出合い

『ホームレス』支援団体に関わりながら少しずつ勉強をしていく中で、ホームレス状態に陥るまで「まさか自分がホームレスになることはない」と思っている人がとても多いことが分かってきました。


「思いもかけない困難」に直面したときに、有効に働くはずの『セーフティネット』(安全網)は、「少子高齢化による利用増」や「不況による税収減」など様々な理由で、縮小しています。

会社、家族、地域コミュニティなどのセーフティネットから抜け落ちた人々が最後に頼れるはずの『生活保護』も、『水際作戦』などにより正しく運用されていません。


また、「思いもかけない困難」が災害などの場合もあります。災害の程度によっては仕事も家も失ったり、長期の避難所生活を送らざるをえないなど、広い意味での『ホームレス』状態(ホームレスという言葉 参照)になる人も大勢います。


では実際に、災害時や緊急時にはどう対処したら良いのでしょうか。災害時や緊急時における避難所の情報、避難所生活などについて、少しずつ情報を集めながら発信していこうと思います。

タグ:反貧困

トラックバック一覧

コメント一覧