目次

生活保護とは - フラヒのふろく > 全記事 > 働く暮らす

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 働く暮らす > 生活保護とは

生活保護とは

ではそもそも、生活保護とは何なのでしょう。

中学校で暗記して以来、思い出すことも無かった『生存権』(憲法25条)。

第1項は「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」です。その権利を保障してくれるのは、一体誰なのでしょうか。

第2項には、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」とあります。


第2項に定められている国の責任。それは、『最低生活費』として、10円単位で定められています。その『最低生活費』を下回る収入しかない人には、国がその残りの分を保障する、そこまでを含めての『生存権』であり、それを具体的に保障しているのが生活保護なのだそうです。

先生、そんな風にして教えてくれれば、もっと憲法や法律にも興味を持った(かもしれない)のに…。


つまり、生活保護とは「自分(と家族)に資産が無く、その収入が”やむを得ず”『最低生活費』を下回る場合、その不足分を保障してもらえる制度」のことです。

タグ:反貧困

トラックバック一覧

コメント一覧