目次

ジャンベとは - フラヒのふろく > 全記事 > 感性を磨く

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 感性を磨く > ジャンベとは

ジャンベとは

ジャンベ(ジェンベ)とは、西アフリカの国々で演奏されている太鼓のこと。木をくりぬいた胴体に、山羊の皮などをかぶせ、より紐で縛って作られる。上部の皮を手のひらで叩いて演奏する。


叩く強さや位置、手の部分などで音を変え、複数のジャンベや他の楽器(主にドゥンドゥン、サンバン、ケンケニなど)と一緒に演奏されます。

また、アフリカンダンス(ずいぶんあいまいな名前ですが…)と掛け合いを行うことも多く、その激しさや力強さに、いつも魂が揺さぶられる感じがします。


ジャンベが広がるにつれ、ロックやジャズなどのバンドでも用いられるようになり、現在はさまざまなジャンルで演奏されています。


また、需要の高まりとともにインドネシアなどの東南アジアでも生産されるようになりました。そのため、一部地域では、森林伐採などの環境破壊につながっているとの声もあります。


自分も1ジャンベファンとして、現状を知り、改善していく努力をしようと思っています。

タグ:ジャンベ 環境保全

トラックバック一覧

コメント一覧