目次

山谷訪問 - フラヒのふろく > 全記事 > 社会と関わる

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 社会と関わる > 山谷訪問

山谷訪問

地球市民アカデミアの講義の前後には、講座のスタッフと一緒に、『山谷(さんや)地区』(東京都荒川区・台東区の一部。現在は住所としては存在しないそうです)訪問の機会がありました。

JR常磐線・南千住駅を出発し、貨物列車のターミナルや泪橋(なみだばし)交差点を通りながら、山谷の歴史的な背景について聞きました。


訪れた山谷は、時おりホームレスの人々を見かけたものの、特に人ごみも無く、普通の住宅街という印象でした。

『(財)城北労働・福祉センター』『山谷労働者福祉会館』『玉姫公園』など、ホームレスの人々の拠点となる場所を通りながら、それぞれの場所の説明を受けました。


その後、隅田川沿いの公園で行われている『医療相談会』に参加。初めてホームレスの方に話しかけ、調子の悪いところがないかなどを尋ねました。

100人ほど居たホームレスの人々の数だけでなく、炊き出しや問診などを手際よくこなす支援ボランティアの数の多さにも驚きました。


支援ボランティアの年齢層は様々でしたが、そこに集まった学生を中心に、「ホームレス/野宿者問題に関する勉強会を開きたい」という声が上がり、自分も参加することにしました。

タグ:反貧困 地球市民アカデミア

トラックバック一覧

コメント一覧