目次

ホームレスとの出会い - フラヒのふろく > 全記事 > 社会と関わる

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 社会と関わる > ホームレスとの出会い

ホームレスとの出会い

2005年・東京。

上京してすぐに勤め始めた職場は、東京都庁に隣接したオフィスビルでした。地元ではほとんどその存在に気づいていなかったホームレスという存在。

数十人、いや数百人?これほど多くの人たちが、諦めたような表情で都庁の地下通路に座り、その横をスーツ姿のサラリーマンが何もなかったように通り過ぎていく…。


以前暮らしていたアフリカでも、たくさんのホームレスは存在していました。街中で見かける彼らの多くは少年で、無気力な人も、殺気立った人も、笑っている人もいて。

そして、その何倍もの人々が、スラムで暮らしている事実。自分は彼らを一つの風景としてとらえ、一時滞在中であることを言い訳に、それ以上考えることをやめて、彼らの横を通り過ぎていました。


そして数年後。再び出会ったホームレスの人々は、ほとんどがおじさん達でした。疲れきった表情でダンボールの上にうずくまる姿や、少し遠くからでも分かる臭いに、「この日本で…」という驚きを隠せませんでした。


一体何が起こっているのか。アフリカでは麻痺していった自分の中の違和感が、今度はいつまで経っても消えませんでした。

タグ:反貧困

トラックバック一覧

コメント一覧