目次

世界(グローバル)と地域(ローカル) - フラヒのふろく > 全記事 > 働く暮らす

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 働く暮らす > 世界(グローバル)と地域(ローカル)

世界(グローバル)と地域(ローカル)

朝から青年海外協力隊東京OB会の定例会に参加。今日は久しぶりに役員の多くの都合が合い、いつもより多い人数で行いました。

この1か月で行われたたくさんの活動をふり返り、改めて地道な活動の大切さと、それをきちんと発信していくことの重要性を感じました。来週のブロック会議でも、きちんと東京OB会の活動を伝えようと思います。


その後、キャリナビお疲れさま&ふり返り会に参加。おしゃれなカフェでくつろぎながら、市ヶ谷のスタッフと学生記者1期生も参加し、それぞれの想いを話し合いました。現場の責任者だった2人からの率直な感想に何度もうなずきながら、話を聞くことができました。

次はこれからのキャリナビについて話す時間を持つことになりました。あくまでもスタッフ有志のざっくばらんな会ですが、いろいろとブレインストーミングできればと思います。まずは、これまでの2年半、本当にお疲れさまでした!


帰宅した時には、東南アジア青年の船35期の飲み会もたけなわ。一緒に鍋を囲みながら、個性の強いメンバーたちと居心地の良い時間を過ごせました。

時間を気にせず楽しめ、準備とアイデア次第でぜいたくにもなる部屋飲み。人が来ることで掃除のモチベーションも上がり、言うことなしです。今日は「デザート以外の一品持ち寄り」というアイデアが功を奏し、持ってきたものがほとんどきれいに片付きました。


今やスカイプなどで、海外の友人とも気軽に話せる時代。ベトナム青年もゲスト出演し、改めて東南アジアとのつながりを実感できました。世界(グローバル)と地域(ローカル)の両方を大切にしながら、技術の恩恵を上手に活用して暮らしていきたいです。

タグ:青年海外協力隊東京OB会 キャリナビ 東南アジア青年の船

トラックバック一覧

コメント一覧