目次

マイペース酪農 三友盛行氏の仕事の流儀 - フラヒのふろく > 全記事 > 働く暮らす

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 働く暮らす > マイペース酪農 三友盛行氏の仕事の流儀

マイペース酪農 三友盛行氏の仕事の流儀

「プロフェッショナル 仕事の流儀」今日のゲストは、北海道の酪農家、三友 盛行(みとも もりゆき)氏でした。青年海外協力隊東京OB会の先輩がこの牧場でアルバイトをしていたことがあるそうで、興味深く拝見しました。


ご自身のことを「農民」と自然に語る三友さん。開拓民として北海道に入植して40年。最初の10年は、無我夢中で樹を切り倒し、規模拡大に熱中したそうです。

しかし、ふと立ち止まってふり返ったとき、自分があこがれた原風景である「木と草に囲まれた自然の農場」とは程遠い現状に気付き、悩んだ末、農場の1割に木を植える決断をしたそうです。


木を植えるということは、草地が減る。つまり、飼育できる牛の数を減らすということ。どんな仕事でも、特に経営者や自営業者にとって、規模を縮小するという決断は、本当に勇気のいることだと思います。三友さんは、その決断をしました。その理由は、「立ち止まり、足るを知る」ため。とても心に響く言葉でした。


そうして、自分の身の丈にあった「マイペース酪農」を始めた三友さんの農場では、もちろん売り上げは減ってしまいましたが、意外にも利益が落ちなかったそうです。それは、経費が減ったことに加えて、牛へのケアが行き届くようになったことで、病気が減ったことや、乳の収穫量が上がったことによるもの。

何より、牛が幸せそうになったと、三友さんは微笑みます。自然相手の苦労は今も変わらないそうですが、今では「酪農の神様」として、視察や講演依頼が絶えないほどになっています。


自分が一番心に響いた言葉は、取材者が三友さんに「なぜ自然の農法にこだわるのか」と尋ねた時の、三友さんの答え。「自然とともに生きる。それが農民の矜持だよ」です。矜持(きょうじ)。久しくこの言葉を聞いていなかったように思い、まずは新鮮でした。

「プライド」という言葉が浸透し、自分も好きな言葉の一つですが、矜持にはもっと重い、背筋が自然と伸びるような響きを感じます。国語辞典には、「自信や誇りを持って、堂々と振る舞うこと。」と書いてありました。


自分を農民と言い切り、矜持を持って生きる。三友さんにとって、酪農は天職なのでしょう。天職にしたがって、日々を謙虚に生きる人は、本当にかっこ良いです。


キャリナビのメンバーが取材した、徳島県上勝町の菖蒲 増喜子(しょうぶ まきこ)さんも、三友さんと同じく、穏やかで優しい顔をしていました。菖蒲さんは、おばあちゃんたちの葉っぱビジネスとして世界中から注目されている「いろどり」農家のお1人です。


自分も矜持を持って生きたいと、強く願っています。想いは漠然としていて、なかなか現実の仕事に落とし込めていませんが、次の転機を好機と捉えて、ゆっくりじっくり見つけていこうと思います。三友さん、菖蒲さんのような、素敵な大人になるために。

タグ: 講座

トラックバック一覧

コメント一覧

かんちゃん 2009/10/08(木)11:06 編集・削除

ステキですね。毎回録画して見ている番組の1つです。
酪農とお野菜作りをしているお友だちがいますが、
年中無休で対自然のお仕事は本当に大変そうなのに、
「めざせ楽農家!百姓=百笑」だと地産地消の活動にも
頑張っているそうです。
私の天職は。。。!?社会から一歩離れた生活も長くなってきましたが、
幼い頃から思い描いてきた母業なので、今は専念したいと思っています☆

coach 2009/10/08(木)22:41 編集・削除

かんちゃん、コメントありがとう!
三友さん、素敵だよね。柔らかい表情がとても印象に残っています。
酪農家(楽農家)のお友達、とてもポジティブで、笑顔が伝わってくるようです!地産地消、自分の暮らしの中に少しずつ、無理をせず取り入れていきたいなぁ。
子育て、楽しんでる?それこそ、社会のとても大事な基盤だと思っています。農業も子育ても、命を育むものをもっと身近に感じる暮らしを送るつもりだよ。