目次

ケニアプロジェクト - フラヒのふろく > 全記事 > 社会と関わる

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 社会と関わる > ケニアプロジェクト

ケニアプロジェクト

3週間ぶりに、相方の友人を自宅に招待。人を呼ぶ度に、少し気合を入れて掃除するという習慣がいつの間にか定着しています。2週間後にアメリカに留学する友人と、途中でお昼ご飯を食べつつ、教育、宗教、市民活動などいろんな話をしました。


その後、渋谷へ。会わせてみたい友人同士をつなぐ場を企画したものの、ちょっとしたハプニングが続き、ゆっくりくつろいで話せたかな、と心配してみたり。話の内容はとても幅広く、身近なところから宇宙のことまで、本当にざっくばらんで楽しかったです。


夜にはAPUで出会って以来の友人、ケニア出身のユジーン君も合流し、計画中のアイデアを聞きました。彼自身、高校生の頃から「日本に行きたい」と思い続け、その夢を実現させた経験があり、ケニアの子どもたちが夢を実現できるような活動をしたいと熱く語ってくれました。


ケニアから帰国して7年。その後も関わりたいと思いながらなかなか実現できていませんが、最近はアフリカ会など、日本国内でのつながりも広がってきています。関東を離れてからのことは想像がつきませんが、ポレポレで関わっていけたらと思います。

タグ:国際交流 歓談

トラックバック一覧

コメント一覧