目次

帰国隊員/事務局の懇談会 2009年9月 - フラヒのふろく > 全記事 > 社会と関わる

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 社会と関わる > 帰国隊員/事務局の懇談会 2009年9月

帰国隊員/事務局の懇談会 2009年9月

青年海外協力隊の帰国隊員と青年海外協力隊事務局の有志が集まり、協力隊事業について話しました。青年海外協力隊東京OB会、青年海外協力隊千葉OB会、青年海外協力隊神奈川県OB会、青年海外協力隊パナマOV会、ヨルダンネットワークの5つのOB会から参加があり、活発な意見交換の場となりました。


今回のテーマは「帰国後の活動」。各OB会も、選択肢の1つとして、日々の活動を行っています。青年海外協力隊東京OB会では、ここ2年ほど活動の取捨選択に取り組んでいます。それぞれの活動には意味があり、思い入れのある役員もいて、新たな活動とのバランスが難しいところです。

その中でも、今回は新隊員壮行会を取り上げました。年4回、新隊員の派遣の度に行う壮行会をもっと工夫し、新隊員や帰国隊員が参加しやすく、その後の任地での活動や帰国後の取り組みへのモチベーションを上げられるような場にしたいと考えています。


他のOB会からも、それぞれの現状と設立の目的に即して、いろんな報告や提案がありました。在日外国人への学習や医療支援、開発教育など、帰国隊員の力を発揮できる場をいかに整えていくか。「Think globary, Act Locary」を実感しています。


青年海外協力隊事務局からは、帰国隊員の活動を紹介する映像の紹介がありました。派遣中の隊員だけでなく、帰国後の隊員にももっと注目していく必要を感じているとのことで、今後とも協働を探っていければと思いました。

タグ:青年海外協力隊東京OB会

トラックバック一覧

コメント一覧