目次

第3回関東教育支援ネットワーク - フラヒのふろく > 全記事 > 社会と関わる

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 社会と関わる > 第3回関東教育支援ネットワーク

第3回関東教育支援ネットワーク

関東教育支援ネットワークに参加しました。今日は2部構成で、前半は「海外体験を伝える」、後半は「貿易ゲーム体験」でした。


まずは吉岡さんの模擬授業。協力隊体験を伝える際の要素として、現地語の挨拶、現地の写真、現地クイズ、国紹介(地理、人口、産業、宗教など)、もの・雑貨紹介(布、楽器、国旗、紙幣など)、活動紹介(授業、実験、課外活動、スポーツなど)、エピソード紹介(握手、食事、トイレ、交通、病気など)等、たくさんの要素が詰まった楽しい授業でした。

また参加者の意見交換では、援助の現実をどう認識し伝えるか、日本人としてするべきこと、他国のボランティア状況、帰国後の活動、フェアトレードなど、多様な意見が出ました。

国際理解教育に携わったり、出前講座を体験している参加者も多く、その中で「伝えたかったこと」「伝わったこと」「印象に残ったこと」などをまとめるのも意味がありそうだと感じました。


後半は、今年末から青年海外協力隊員としてタンザニアに赴任する服部さんによるファシリテーションで、開発教育協会(DEAR)の作成した『貿易ゲーム』を体験しました。

4チームに分かれて、1時間ほど純粋にゲームを楽しみ、後半のふり返りでは、感想や気付いたこと、実際に学校で実施する際の注意点などを話し合いました。


9月には実際に参加者の小学校で貿易ゲームを行うことになっており、関東教育支援ネットワークの活動も少しずつ広がっています。次回、当日のフィードバックを聞けるのを楽しみにしています。

タグ:関東教育支援ネットワーク 開発教育

トラックバック一覧

コメント一覧