目次

学会事務局での仕事 - フラヒのふろく > 全記事 > 働く暮らす

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 働く暮らす > 学会事務局での仕事

学会事務局での仕事

就活で知り合った友人と、久しぶりに再会しました。出会ったのは10年前。お互いどこの企業の選考で会ったのかも覚えていませんでしたが、自分にとって就活はとても貴重な機会だったことを改めて感じました。


友人の仕事は、学会の事務局。いつも話がとても面白く、引き込まれます。日本に無数にある学会は、最先端の学術系からトンデモ系までさまざまなようですが、どんな団体でも運営にとってとても重要なのが事務局。特に中小規模の学会にとって、効率的な事務局が会の維持・活性化には欠かせないと思います。

有能な友人に支えられて、それらの学会は盛況なようでした。とはいえ、日本ではまだまだ学会などのアカデミックな団体に対する評価が低く、もっと芸術家や学者の地位が認められるべきだと思います。


終電ぎりぎりまで楽しい話ができ、とても刺激を受けました。来月からは忙しくなるそうですが、体には気をつけて!

タグ:歓談

トラックバック一覧

コメント一覧