目次

アジアユースパラゲームズ - フラヒのふろく > 全記事 > 働く暮らす

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 働く暮らす > アジアユースパラゲームズ

アジアユースパラゲームズ

青年海外協力隊東京OB会の総会に参加しました。活動報告や活動計画を共有でき、意見交換もあって有意義な会でした。

総会終了後には、「障害者スポーツ」に関する講演会が行われました。講演者の麻生OBは、協力隊から帰国後、仕事や個人レベルでの活動も含めて、何十年も地道に障害者スポーツの普及に努めてこられ、『東京2009アジアユースパラゲームズ』のアドバイザーもされています。

身体障害者のスポーツでは世界的にも進んでいる日本の現状と、ユース大会が持つ意味、知的・精神障害の分野ではまだほとんどスポーツへの取り組みが進んでいないことなどを聞けました。

アジアから30か国以上の10代の選手が集まる大会とのことで、語学を含めたボランティアを募集しているそうです。

タグ:青年海外協力隊東京OB会

トラックバック一覧

コメント一覧