目次

太鼓練習 東南アジア青年の船へ向けて - フラヒのふろく > 全記事 > 旅をする

農村の日々のあれこれエトセトラ

記事一覧

ホーム > 全記事 > 旅をする > 太鼓練習 東南アジア青年の船へ向けて

太鼓練習 東南アジア青年の船へ向けて

淡路島で太鼓の合宿。低い姿勢で横向きの太鼓を力強く打ち鳴らす、「三宅太鼓(みやけ)」を練習する。

東南アジア青年の船の演目練習のため、初の淡路島上陸。島の太鼓グループ「美鼓音(みこと)」の皆さんから、指導をいただく。「三宅太鼓」は、三宅島の漁師に伝わる太鼓。荒波と戦う漁師たちをイメージし、大漁祈願などで演奏されてきているそうだ。

メンバー8人はみんな初心者。しかしこの合宿にかける意気込みは凄く、ほとんど休憩も無いまま、朝から晩まで太鼓を打ち続ける。たった二日でも、何とかエッセンスを身につけなければ!と、みんな必死。二日目の午後には、何とかリズムを聞けるようになる。

あとは、それぞれが地方に戻って、本番まで練習する事になる。自分も負けないように、練習あるのみだ!

タグ:東南アジア青年の船

トラックバック一覧

コメント一覧